STUDIO NICHOLSON

ステンカラーコート

色味、生地、シルエット
百点満点のバランスです!

小田稔郎さん (アートディレクター)
とにかく色が好き。着るだけでテンションが上がる! 中の洋服が透けるのもいい。

津島大地さん (通信販売)
白衣のようになると思ったが、真っ白じゃなくオフホワイトなので合わせやすかった。肩幅が狭いためきれいなAラインに。春にコートは着ないがこれなら欲しい!

山本雄生さん (フォトグラファー)
急におしゃれになった気分(笑)。色と素材がマッチしていて、唯一無二の軽さ。ちょっと汚れてもいい感じになりそう。個人的にはポケットが透けるのは気になる。

¥110,000/スタジオ ニコルソン(キーロ)


SCYE BASICS

ステンカラーコート

安武俊宏さん (BEAMS プレスチーフ)
大きすぎず膝にかかるぐらいの着丈で、背が高く見える。横から見た裾の広がりが絶妙。ポケットにジップがついているのも便利。

森山真司さん (District UNITED ARROWS
セールスマスター)

Aラインのすっきりとしたシルエットとラグランスリーブによるきれいな肩の落ち方はさすが。シャリッとした軽い生地を使いながら、クラシックな佇まい。製品染めならではの程よい光沢も上品さをプラスしている。

このクラシックさが
あらためて新鮮



¥78,100/サイ ベーシックス(マスターピースショールーム)


NORDISK

ショップコート

安武俊宏さん (小説家)
ノルディスクのテントを彷彿とさせる、タフで表情豊かなキャンバス生地が魅力。

古明地拓朗さん (レショップ マネージャー)
ワークディテールの武骨さがうまく生かされている。襟と袖口のコーデュロイがきいていて、ミドル丈も気分。もう少しだけ肩幅があるとうれしい。

襟と袖口の
コーデュロイが
アクセントになっている



¥59,400/ノルディスク(ヒュッゲストア バイ ノルディスク)


POLYPLOID

ステンカラーコート

はおるだけでサマになる
万能コートってこれだったんだ!

鈴木大輔さん (TEAM UOMO)
青みのあるグレーに惹かれた。ラグランスリーブで、アームホールもゆったり。

佐藤忠輔さん (UXデザイナー)
着るだけで自然な膨らみができ、素材に張りがあるからAラインのフォルムがきれいにキープされる。袖が程よくたまるのもかっこいい。内ポケットがあれば完璧。

松沢拓弥さん (医師)
ロングコートに飽きていたがこれなら着てみたい。少し光沢のある素材で軽やかな印象。スポーティさもプラスしている。袖口はもうちょっと細くなっていてもいい。

¥90,200/ポリプロイド(ライコス)


la favola

ラップコート

ボタンがないだけで、
こんなに印象が変わるとは!

畠中将秀さん (オーバーリバー PR)
ボタンレスによって生まれる自然なドレープが素晴らしい! ベルトで絞らず着たい。

木下古栗さん (小説家)
クラシックなトレンチコートは苦手だが、これはゆったりとしたシルエットで気に入った。ただフロントを閉めることができないから、お腹が冷えてしまいそう。

速水健朗さん (ライター・エディター)
生地がカジュアルでボタンがないため、この形でも真面目な感じがしない。トレンチよりもステンカラーコートに近い印象。ベージュではなくてネイビーなのもいい。

¥107,800/ラ ファーボラ


LEMAIRE

チェスターフィールドコート

色もフォルムもすべてが優しい
チェスターフィールドコート

西村信之介さん (会社員)
ルメールらしい上品な色味。ミニマムな中にあるリラックスした雰囲気が好き。

柳 雅幸さん (MAIDEN COMPANY プレス)
’80年代を彷彿とさせるシルエットが、現代的にアップデートされている。グリーンっぽい光沢のあるグレーも好み。手を入れたときのポケットの傾斜がちょうどよかった。

水澗 航さん (ENKEL/
STUDIO FABWORK 主宰)

久しぶりにチェスターフィールドコートが着たくなった。フロントボタンの位置が低めでゆったりしているから着やすい。肩の落ち具合はいいけれど変なシワが入る。

¥125,400/ルメール(スクワット/ルメール)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Takahiro Idenoshita Yuya Iwaki(Person) Mitsuo Kijima(Still) 
Stylist:Masanori Takahashi