「以前は、街着であっても“大は小を兼ねる”的にハイスペックなものを求めていたけど、今は程よく快適であればOK。普段着に取り入れて違和感がないかどうかってことのほうが重要に思えます。ただ、無理やり都会的に寄せたデザインのものにはさほど食指が動かず…。ファッションでもギアでも、ちゃんとそれが『○○といえばこのブランド』と位置づけられた、本来のフィールドで認められているアイテムに惹かれます」


Masayuki Ozawa
1978年千葉県生まれ。ライター・エディター。弊誌にて「教えて! 東京スニーカー氏」を好評連載中。現在『東京スニーカー史』(立東舎)に続く第二作となる著作を鋭意執筆中。


Supreme×THE NORTH FACE

フィッシングジャケット
「Supreme×THE NORTH FACEは、単純にポケットがたくさんある上着が好みで…。フィッシングジャケットは、コロンビアの古着でハマって以来、密かにネットをチェックしています」。


eagle creek

圧縮パック
「米国のトラベルギアメーカーの圧縮パック。パッキングアイテムは見るのが好き。これはデザイン優先」。


patagonia

「MLC 45L」
「航空機内に持ち込みできる最高のバッグ。背負ってもまるで重さを感じない。何度も買い直してきたが、最近のはデザインが少々苦手。現在は廃番。タグが縫いつけてあった時代のこの最終型が好み」。


patagonia

トロリーケース
「海外の旅は、MLCとこのトロリーのコンビがいちばん落ち着く。こちらも廃番。U字に開く大口のエントランスが気に入っています」。


P.H.DESIGNS

ダウンベスト
「“フィルパワー”の概念を初めて取り入れたことでも知られるピーター・ハッチソン氏が手がける英国のアウトドアウェアブランド。あまり人とかぶらない」。


THE NORTH FACE×HYKE
YETI/THERMOS OUTDOOR

タンブラー&マグ
「自宅や事務所で使用。飲むのはホットコーヒーか水。昔はアウトドアブランドらしいカラーや黒で統一することが多かったが、ステンレス素材でパソコンまわりと色を合わせるとデスクが落ち着くことに気づいた」。



Photos:Yuya Wada