ほかのブランドのジーンズに浮気したけどまた戻ってきました(笑)

Coat : HERMÉS(VINTAGE)
Knit : RENCONTRANT
Jeans : Levi’s
Necklace : Adawat’n Tuareg
Belt : J&M DAVIDSON
Shoes : GUCCI(VINTAGE)

西口修平さん(43歳/BEAMS F ディレクター)
「物心ついたときからジーンズはリーバイスしかはかなかった」西口さんだが、最近他ブランドの’80sのジーンズを購入するという事件が。「2回はいたら満足して元のさやに収まりました(笑)」。もちろん今日もリーバイス。「リラックスした大人の休日を意識して、ダッフルコートとローゲージのカシミアのニットで」。エルメスのヴィンテージのコートは探し続けて出会えた逸品。「最近は昔から好きだったハードロックやヘヴィメタルバンドのTシャツを探したり、好きなものと純粋に向き合えるように。ファッションを自分らしく楽しんでいます」。


農業に本腰入れはじめました

Cardigan : crepuscule × rroomm
Sweatshirt : HEALTH
Pants : saby
Glasses : MEGANE ROCK
Muffler : STUDIO NICHOLSON
Shoes : Hender Scheme
Bag : HOMELESS TAILOR

安田卓弘さん(31歳/アパレル)
ひときわ目をひくスタジオニコルソンの大判マフラーを主役に同系色のカーディガンで上半身はほっこり。一方パンツと靴は黒のレザーを選んで引き締め、絶妙なコントラストを生み出した安田さん。実は昔から手伝っていた農業に2020年から本腰を入れている。「実家が米作りをしていて父で3代目。小さいときからちょっとずつ手伝っていたんですが、最近から本格的に手伝うようになりました。将来自分の子どもが生まれたときに農業体験をさせてあげたい思いが強いので、儲ける感じではなくファッションと兼業してのんびりとできたらいいなと。畑もいくつかあるので、いずれは野菜も作れたらいいなって思ってます。今年から本腰を入れた理由ですか? コロナじゃないです、父が腰を痛めたからです(笑)」。