40歳男子の琴線に触れる、
気のきいた別注に心酔!

1 UNION LAUNCHの別注ブレザー
2 blurhms×BIG MACの別注ワークシャツ
3 AURALEEの別注スウェット
4 NEATのミヤシタパーク店限定キャップ
5 COMOLIの別注フレンチヴィンテージデニムワークパンツ
6 blurhmsの別注リンガーTシャツ
7 blurhmsの別注パックTシャツ
8 Leeの別注EXロガーデニム

杉本 卓さん/会社員

「若い頃はアメカジの古着を必死にあさり、ヘルムート ラングやマルジェラにも袖を通してきました」と語る杉本さんだが、年を重ねるにつれ、一度はファッション熱が薄れてしまったという。だが40代前半になった今、再び買い集めるようになっている。その呼び水になったのが、足しげく通うレショップのコラボ品。「昔着ていた服にも変わらず愛着はありますが、この年で袖を通すとなると難しい。デニムのワークパンツやシャンブレーシャツ、紺ブレなどがいい例です。それをレショップは、素材やシルエットを巧みに変えて、今の気分に合ったものを生み出してくる。次はどんなのが出るのか期待してしまいますし、出ると聞けば店頭に並んで買ってしまう。今や課金熱は若い頃を完全に超えてしまいました(笑)」。


簡単に手に入らないところが、
歯がゆくも心惹かれます(笑)

1 A.H×STONEMASTERのクライミングパンツ
2 A.Hのアメリカンコットンビッグセーター
3 Louis Vuitton×NIGOⓇのスウェット
4 COMESANDGOES×AH.Hのブーニーハット
5 AH.H×喫茶談話室のTシャツ
6 AH.H×喫茶談話室×is-nessのTシャツ
7 Louis Vuitton×NIGOⓇのヴォルテール・ラインローファー

野口聖純さん/TEAM UOMO

「10代の頃は常にバイト代が服に消えていました」と笑う野口さんにとって、服への課金は当たり前。特に近年は、クリエイターのコラボ品に目がないとか。「ハイブランド好きの自分にとってLVとNIGOⓇさんのコラボは衝撃で、すぐに飛びつきました」。また、最近は外出が減って家族と過ごす時間が増え、リラックスした服も着るようになったという。そこで出会ったのが、スタイリストの長谷川昭雄さんが手がけるアイテムだ。「前から気にはなっていたのですが、これを機にファンクラブに入って多くのコラボ品を手に入れる深みにハマりました。運よく当選した南貴之さんとのコラボTシャツなどは、一見シンプルですが、ディテールに明確な仕掛けがあるのがたまらなく面白いんです」。簡単に手に入らないところにも心惹かれるという。野口さんのコラボ課金は勢いを増すばかりだ。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Keiichi Ito Kanta Matsubayashi 
Text:Ryo Kikuchi