大人になって着直す青春のダウンジャケット

Marmot/Parbat Parka

’90年代に圧倒的な人気を博した「パルバット パーカ」が当時のパンパンに詰まったダウンのボリュームはそのままに、すっきりとしたシルエットにリサイズされ登場。750フィルパワーの暖かさを誇る懐かしい一着は30年後の今、クリーンに着直す価値がある。ダウンジャケット¥43,000/マーモット(デサントジャパンお客様相談室) スウェット¥16,000/エイチ ビューティ&ユース ニット¥15,000/LE(レショップ 渋谷店) パンツ¥127,500(参考価格)/オーエーエムシー(エドストローム オフィス)


新たな価値が付加されたパディングジャケット

PRADA/Re-Nylon BLOUSON

いまや世界的なキーワードとなった「サステナブル」にいち早く取り組んできたプラダ。40歳男子にはお馴染みのブラックナイロンも今季から再生ナイロン繊維「ECONYL」を採用した「Re-Nylon」としてアップデート。環境に優しい付加価値がついた軽快な中綿入りコーチジャケットは、今年こそ買い時。パディングジャケット¥167,000(予価)/プラダ(プラダ クライアントサービス) デニムジャケット¥27,000・ジーンズ¥20,000/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) ニットは上と同じ


脱コンサバに成功したキルティングジャケット

LAVENHAM×L’ÉCHOPPE/EX JACKET SHORT

ビジネスマンの制服と化していたキルティングジャケットにレショップが新風を吹き込んだ。定番「DENHAM」をベースにショート丈にして前身頃に身幅調整のできるダブルブレステッドのスナップボタンを配置。さらに寒くなったらコートのインナーとしても活躍する機能を優先したデザインながら、今っぽさが詰まった逸品だ。キルティングジャケット¥45,000/ラベンハム×レショップ(レショップ 渋谷店) パーカ¥20,000/エイチ ビューティ&ユース パンツ¥28,000/カイコー ニットは上と同じ



自由なレイヤードを楽しめるフリースブルゾン

WTAPS/FORESTER

新しいアシが増えたことで着脱の機会が多くなるこの冬はアウターらしくないアウターが必要だ。例えばこれまでミッドレイヤーの代表だったフリース。ダブルタップスのブルゾンは随所に施されたレタリング刺繡で部屋着感が皆無。身幅も腕も太いので、ビッグシルエットのCPOシャツの上からも無理なくレイヤードできる。フリースジャケット¥26,000/ダブルタップス シャツジャケット¥50,000/エイチ ビューティ&ユース デニムパンツ¥35,000/ラ ファーボラ ニットは上と同じ


再び出番がやってきた最大サイズのピーコート

BUZZ RICKSON’S/PEA-COAT

着丈が短く暖かいといえば…だいぶご無沙汰していたピーコート復権の絶好のタイミング。注意したいのは10年前とは違うサイズ選び。オリジナルのミリタリーに忠実な一着は、最大サイズのXXXLを。パーカにジーンズの潔い着こなしもパーカがカシミヤなら大人っぽい。ピーコート¥49,000/バズリクソンズ(東洋エンタープライズ) ニットパーカ¥110,000/ヘリル(アンシングス) ジーンズ¥31,000/ディセンダント ブーツ¥63,000/ソロヴィエール(ビオトープ) ニットは上と同じ


乳白色がピュアなダウンジャケット

JIL SANDER+/DOWN BLOUSON

もふもふしたダウンパックに苦手意識をもつ文化系男子に最適なソリッドなジャケット。一見中綿と思うほどスマートなシルエットながら、たっぷりのダウンで防寒性は抜群。ピュアな乳白色と相まって上品かつ繊細に着こなしたい。ダウンジャケット¥231,000/ジル サンダー+ バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー(ジルサンダージャパン) ジップアップニット¥88,000/アンデルセンーアンデルセン(メイデン・カンパニー) ジーンズ¥17,000/リー×レショップ(レショップ 渋谷店) ニットは上と同じ


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos :Katsuhide Morimoto
Hair:Yoshikazu Miyamoto[bNm]
Stylist:Junichi Nishimata
Model:Ryunosuke Takahashi