th

エコレザーコート

今の時代に合ったエコレザーが
とにかく新鮮!

みんなのレビュー

髙橋義明さん(アーティスト・モデル)
ラムレザーっぽいもちもちとした質感。見た目はレザーほど強烈でなく、レインコートとの中間のような雰囲気。すごく軽いからストレスなく着られそう。

片貝俊さん(スタイリスト)
縫い目が繊細でハードじゃない。いい意味で男らしさのない柔らかいレザーが◎。

安武俊宏さん(BEAMS プレスチーフ)
首元に同色で刺繡されたブランドロゴはさりげないし、余計なデザインがなくシンプルに着られてしまう。ただ襟が地肌の出ている首にペトペト当たるのは気になる。

¥120,000/th(エムエイティティ)


MHL

スタンドカラーダッフルコート

みんなのレビュー

田中望さん(Revolution PR)
首まわりが広めにとられているから、スタンドカラーだけどウールのチクチクが首に当たらなくてありがたい。インナーにパーカを合わせてフードをのぞかせることもできそう。ありそうでなかった大人のためのダッフルコート。

速水健朗さん(ライター・エディター)
フードのあるダッフルが苦手なので、これはすっきりしてていい。丈がもう少し長いともっと個性的なシルエットでいいかも。

¥85,000/MHL(アングローバル)


Acne Studios

フーデッドコート

みんなのレビュー

仲田祥さん(TEAM UOMO)
モッズコートをモダンにアップデートしたアクネらしいデザイン。この手のものはやっぱり細身のパンツと合わせたくなります。フードの裏側のピンクチェックはもう少し抑えた色味か、なくてもよかったかな。

原太一さん(シェフ)
首元までしっかりとカバーされるから防寒はバッチリ。前裾が上がっているので自転車に乗るときに邪魔にならなくていい。

この裾がいい感じ!

¥81,000/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)


ATON

ハンティングジャケット

男らしさと上品さのバランスが
最高レベル

みんなのレビュー

宮本哲明さん(BOLDMAN PR ディレクター)
男らしいハンティングジャケットがオールブラックって新鮮で着やすいですよね。ありがちな胸ポケットがないのもすっきり都会的な印象になっていい。

田中駿也さん(Revolution PR)
ワックス加工されてないから気にせず着られてすごくいい! 高密度の織りで光沢があって高級感もある。ライナーが取り外せるから長いシーズン着られそう。

三好良さん(1LDK/SO SHOP&HOSTEL NAKAMEGURO ディレクター)
ライナーがベスト型だから、東京では暖かくなりすぎずちょうどよさそう。

¥89,000/エイトン(エイトン青山)


A.P.C.

ダウンジャケット

みんなのレビュー

オクトシヒロさん(スタイリスト)
癖がなく、何にでも合いそう!

木下古栗さん(小説家)
ダウンはモコモコに見えがちだが、キルティングのおかげですっきりと見える。裏地がグレーというのもいい。ジップが滑らかで、袖リブがしっかりしてるけど薄いところも着ていて気持ちがいい。

¥78,000/アーペーセー(アー・ペー・セー カスタマーサービス)


Norwegian Rain.

レインチョ

みんなのレビュー

野口聖純さん(TEAM UOMO)
普通の形に飽きた人に! 何を着ているのかわからないアノニマスな感じがいい。

綾瞳さん(専門商社勤務)
腰にひもがあるおかげでコートのように着たりポンチョのように着たりと、着こなしに幅が出せる。それでいてスーツ地を使用しているギャップがいい。

ひもは垂らして着てもいい感じ

¥130,000/ノルウェイジャン・レイン(ユニット&ゲスト)


C.E

トレンチコート

みんなのレビュー

力石恒元さん(エディター)
コートの裾に隠されたパーツを下ろして脚に巻くと、膝から下がパンツ風に! コートとパンツのセットアップっぽく着られて面白い。

斉藤絋士さん(会社員)
コートからフットカバーが出るC.Eらしいデザイン。かすれた黒も軽やかで着やすい。

コートからパンツが出てくるって斬新!

¥68,000/C.E



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Arata Suzuki[go relax E more]