ファッション好き“文化系男子”、必見!


惜しくも2017年12月に閉店したパリのカリスマショップ「COLETTE(コレット)」のラストデイズを綴ったドキュメンタリー映画『コレット・モン・アムール(原題:COLETTE, MON AMOUR)』が、9月26日から渋谷パルコ「シネクイント」で上映される。


期間は10月8日までの2週間足らず。しかも単館上映なのでお早めに。



ベルリンのオンラインメディア「HIGHSNOBIETY(ハイスノバイエティ)」とパリの映像プロダクション「La /Pac」の共同プロデュースとなる本作は、ユージ&イリアーヌ・ローソン=ボディ兄弟(Hugues & Eliane Lawson-Body)が共同監督を務めた。


もちろん本国のパリではいち早く2019年末にプレミア上映されており、その後、ロンドン、NYと巡回。コロナ禍で海外渡航が困難なタイミングと重なり、鑑賞できた日本人は現状ごく少数なのだ。



ストーリーは閉店までの店舗内外の記録映像が中心。カニエ・ウェスト、ファレル・ウィリアムス、ヴァージル・アブロー、そして日本人デザイナーら名だたるファッション業界人のインタビューを通して、伝説のショップが駆け抜けた20年に迫る。



ちなみに「コレット」は、ショップ名の由来でもあるコレット・ルソー(Colette Roussaux)と娘のサラ・アンデルマン(Sarah Andelman)母娘により1997年にパリ・サントノレ通り213番地にオープン。


ラグジュアリーとストリート、アート、ビューティー、ライフスタイルを融合したコンセプトショップとして、パリ発のトレンドを世界中のファッション好きに提案。若手デザイナーの発掘にも力を入れていた。



MEDICOM TOY LIFE Entertainment TM & © 2005-2020 MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.

2017年7月12日、母(コレット)の引退を機に閉店するとサラがインスタグラムで発表。世界中のファンが最後のショッピングに押し寄せた。


店舗ならではのシグニチャーカラーが、オリジナル商品に使われる通称“コレット・ブルー”だ。



このブルーはハイスノバイエティ名義の映画オリジナルグッズやコレット取扱ブランドとのコラボ商品でも使われている。渋谷パルコ2階の「ツージー(2G)」にて9月26日から10月11日まで発売されているので、鑑賞前後に覗いてみよう。


“Colette, Mon Amour”とプリントされたアイテムは、単なる映画グッズを超えたクオリティ。チケット代以上の出費を覚悟しておこう。




映画『コレット・モン・アムール』
原題:Colette, Mon Amour / 監督:Hugues and Eliane Lawson-Body / 2017年/フランス語・英語・日本語 / 60分 / 上映期間:2020年9月26日(土)~10月8日(木) / 上映場所:渋谷PARCO8F WHITE CINE QUINTO(単館上映)
特設サイト:https://www.colettemonamour.com/

WHITE CINE QUINTO|渋谷パルコ/シネクイント
公式サイト:https://www.cinequinto.com/white/

Text: Takafumi Hojoh