『ドミノ』

監督/ロバート・ロドリゲス 
出演/ベン・アフレック、アリシー・ブラガ
10月27日より全国公開

© 2023 Hypnotic Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

映画_ドミノ_ロバート・ロドリゲス_ベン・アフレック_アリシー・ブラガ

『デスペラード』『フロム・ダスク・ティル・ドーン』などの異色作で知られるロバート・ロドリゲス監督がベン・アフレック主演で描く奇想天外かつ痛快なサスペンス。愛娘が行方不明中の刑事が、失われた記憶を回復させていく過程で恐るべき真実にたどり着く。原題は『HYPNOTIC(催眠)』。ドミノ倒しのようなスピード感で、つじつまを超越した快感が押し寄せる。


『マトリックス』+スティーブン・キング?
続編が観たくなる異才の新境地

『エル・マリアッチ』(1992年)でデビューして31年。クエンティン・タランティーノの盟友でタッグ作も数多くあるロバート・ロドリゲス。「映画秘宝」的な血みどろ描写と、過去の名作へのリスペクトで知られる監督です。近作はあまり観ていませんでしたが、この新作、結論から言えばかなり面白かった。シリーズ化への期待も高まります。


 仮想と現実の皮膜で混乱が起きるミステリーは『マトリックス』(1999年)以降、愛好家がたくさんいるジャンルムービー。その一本でもある本作はロドリゲスがお得意のエロスやバイオレンスを極力抑え、ギリギリ家族でも楽しめるように仕上げた良作。他人に暗示をかけて思いどおりにコントロールしたい。どんな観客にもあるよこしまな欲望をうまく刺激しています。


 超・催眠術を駆使した、一種の妖術合戦。このジャンルはお互いにひっくり返し続け、キリのない子どものけんかのようになってしまうところがありますが、これはエンターテインメント作劇として決定打の着地点も悪くない。


 ベン・アフレック演じる主人公の物語がどこに向かうのかは観てのお楽しみですが、いずれもスティーブン・キング原作の『キャリー』(1976年)、『炎の少女チャーリー』(1984年)に通ずる“少女の覚醒”が根幹にあります。この世界観の導入で一気にジャンルが拡張し、ダイナミズムが変容していく。


 仮想と現実の皮膜の混乱を真面目に描くクリストファー・ノーランのような監督もいますが、ロドリゲスは虚構世界をあえてチープなハリボテとして提示するなど、ギャグ寸前のアナログ感覚。これこそが彼の真骨頂で、終盤の展開ではB級映画も愛するオタク魂を見せつけている。


 かつてはデイヴィッド・リンチ作品や『新世紀エヴァンゲリオン』のような訳のわからないエンディングも許されましたが、今やそんなことをやっても古くさいだけ。女性蔑視や残虐描写はもちろん御法度。そんな現代に、何をやればいいのか。ロドリゲスも大人になったと言えるし、うまく次につなげたラストには、単純に続編を観たいと思わせる成果があります。


 タランティーノは次回作で引退を発表していますが、ロドリゲスはまだまだこの調子で映画を撮り続けそうですね。(談)


菊地成孔
音楽家、文筆家、音楽講師。最新情報は「ビュロー菊地チャンネル」にて。
ch.nicovideo.jp/bureaukikuchi



Text:Toji Aida

SERIES

「売れている映画は面白いのか?」の記事一覧

『レザボア・ドッグス デジタル・リマスター版』|1990年代の到来を告げた革命児、タランティーノによる映画ルネサンス【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『レザボア・ドッグス デジタル・リマスター版』|1990年代の到来を告げた革命児、タランティーノによる映画ルネサンス【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

映画_ドミノ_ロバート・ロドリゲス_ベン・アフレック_アリシー・ブラガ

『ドミノ』|『マトリックス』+スティーブン・キング? 続編が観たくなる異才の新境地【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト

『ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家』|映画史を体現する伝説の監督ゴダール、その生涯を意外な軽さで描いた良作【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

デヴィッド・クローネンバーグ_クライムズ・オブ・ザ・フューチャー

『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』|’80年代ブレイク組の明るさと軽さが全開。巨匠クローネンバーグの理想的な老境【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

小説家の映画_ホン・サンス

『小説家の映画』|特別な監督ホン・サンスによるアートとしてのプログラムピクチャー【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

アシスタント_キティ・グリーン_ジュリア・ガーナー

『アシスタント』|女性監督のルッキズムへの問題提起。正義の中にある偽善の可能性も示唆【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

TAR/ター_ケイト・ブランシェット_トッド・フィールド

『TAR/ター』|真性の音楽映画から驚愕のスリラーへ。アートとエンタメを超える新時代映画!【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

ガール・ピクチャー_アッリ・ハーパサロ_レビュー

『ガール・ピクチャー』|普遍的なガールズ・ムービーの復活。あえて刺激抑えめな現代性を感じる【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

別れる決心_パク・チャヌク_パク・ヘイル_タン・ウェイ

『別れる決心』|還暦を前にした監督の「老境」を意識しすぎた恋愛ミステリー【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

モリコーネ 映画が恋した音楽家

『モリコーネ 映画が恋した音楽家』|苦悩と葛藤。世界的映画音楽家が人生の大団円を迎えるまでを見つめる【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

映画_ショーン・ペン_フラッグ・デイ 父を想う日

『フラッグ・デイ 父を想う日』|名優にして名監督。希少価値が高い男ショーン・ペンの最高傑作かも【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

アフター・ヤン_コゴナダ_コリン・ファレル

『アフター・ヤン』|持続的で多様性に満ちているが胸に迫らないもどかしさがある【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『七人樂隊』|穏健派のベテランたちが古き香港に思いを馳せる「出し殻」オムニバス【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『七人樂隊』|穏健派のベテランたちが古き香港に思いを馳せる「出し殻」オムニバス【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』|音楽が与える感動の質が不変である稀有なミュージシャンの素顔【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『リコリス・ピザ』|陰鬱な天才監督の転向か? いい映画になぜかドキドキしてしまう【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『三姉妹』|定番の展開に新たな意外性を加えた韓流ならではのハイクオリティ家族劇【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『パリ13区』|深刻になりやすい時代だからこそパリのいまを軽やかに見つめる視点が冴える【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『アネット』|『ラ・ラ・ランド』『ボヘミアン・ラプソディ』の流れをくんだ作品だが【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『クライ・マッチョ』老境に入った監督の静かな映画? いえまさかのアンチエイジング作品です【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』夢のようなラストに向かって緻密に進む痛快この上ない破格のドキュメンタリー【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『モーリタニアン 黒塗りの記録』ジョディ・フォスターは素晴らしい! が、この題材は映画に向いていたのか?【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『スターダスト』デヴィッド・ボウイ前夜を描いた、真摯で誠実、しかし薄味すぎる作品【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】

『サマー・オブ・ソウル』ウッドストックの傍らで開催された幻の黒人音楽フェスが語りかけること【売れている映画は面白いのか|菊地成孔】