芸術の秋は20世紀を代表する
美術界の2大奇才の聖地巡礼を!

 7月より大阪を皮切りに、東京・名古屋と巡回する史上最大規模の岡本太郎展が開催されています。没後25年以上たった今もなお、老若男女問わず多くのファンに支持される昭和の奇才・岡本太郎。その聖地とも言うべき場所が、南青山にある岡本太郎記念館です。岡本太郎が40年以上暮らしたアトリエ兼住居が記念館として公開されています。


『岡本太郎の1世紀』

当時のままの姿で残されているアトリエや、太郎グッズで埋め尽くされた応接室など、見どころは多々ありますが、個人的にオススメなのは太郎ワールド全開のお庭。日本各地にある太郎作品の原型や立体オブジェが所狭しと並んでいます。そのパワーの影響を受けてなのか? 植物の発育っぷりもすごい。そんな岡本太郎記念館では現在、84年にわたる岡本太郎の人生と没後のさまざまなプロジェクトを紹介する展覧会『岡本太郎の1世紀』が開催中。パリから帰国した直後に描いた秘蔵の作品は特に必見です。


『コレクションをめぐる 6つの部屋「ルームス」』

 さて、美術界の奇才といえば、ヒゲがトレードマークのサルバドール・ダリも。岡本太郎と直接、交流した証拠こそないですが、スペインからパリに渡り同時期に活動しています。ダリファンの日本人は多く、大型スポーツショップ・SUPER SPORTS XEBIOでお馴染みの「ゼビオ」を創業した諸橋廷蔵氏もその一人。彼のコレクションをもとに福島県の裏磐梯高原に1999年に開館した諸橋近代美術館は、まさにダリファンの聖地。そのコレクションは、アジア最大級(世界でも4番目!)でダリの立体作品に限って言えば、世界一を誇ります。ここでしか買えないダリグッズも多く、連日ファンでにぎわっています。そんな諸橋近代美術館で開催されているのが、美術館の6人のキュレーターが部屋の住人となって、コレクションをそれぞれのテーマで紹介するというユニークな展覧会。「コレクター」や「材質」といったテーマもあれば、「スキャンダラス」というちょっとアダルトなテーマの部屋も。なお、この展覧会の音声ガイドを担当しているのは、私とに~です。これが音声ガイドデビュー。凡才も凡才ですが、無料で聴けるのでお耳に合いましたら。


『岡本太郎の1世紀』
【岡本太郎記念館】
東京都港区南青山6-1-19
開催中~11月20日
TEL:03-3406-0801
https://taro-okamoto.or.jp/

『コレクションをめぐる
6つの部屋「ルームス」』

【諸橋近代美術館】
福島県耶麻郡北塩原村檜原剣ケ峯1093-23
開催中~11月13日 
TEL:0241-37-1088
https://dali.jp/exhibition



とに〜
世界でただ一人のアートテラー。難解で敷居が高い美術のイメージを払拭すべく、元吉本芸人ならではの視点で面白おかしく美術の魅力を伝える。公式ブログはこちら



SERIES

「比べて楽しむアート遊録」の記事一覧

李禹煥_国立新美術館開館15周年記念

【李禹煥、クリストとジャンヌ=クロード】空間を一変させる現代アーティストの展覧会を六本木で堪能せよ!【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

【岡本太郎、サルバドール・ダリ】芸術の秋は20世紀を代表する美術界の2大奇才の聖地巡礼を【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

【岡本太郎、サルバドール・ダリ】芸術の秋は20世紀を代表する美術界の2大奇才の聖地巡礼を【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

【ゴッホ、ピカソ】独のカリスマコレクターが独自の美意識で形成した独創的なコレクション【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

【寺田倉庫、原美術館】コレクターのお宝拝見! 現代アートと古美術のコラボが楽しめる展覧会【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

【Chim↑Pom、ダミアン・ハースト】アート業界がざわつく、個性派アーティストが見せる待望の最新個展【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

【フェルメール】写真には写らない、絵画だからこその美しさをオランダと日本の作品で見比べる【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

エジプトとローマ。魅惑の古代文明を日本の東西で思う存分、堪能して【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

奥村土牛とグランマ・モーゼス。チャレンジすること、続けることの大切さを教えてくれる遅咲きの二人の偉人【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

モネを見比べ、“初来日”組を愛でる。芸術の秋らしい二大展覧会が開催!【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

ゴッホに魅せられた収集家、ゴッホを目指した板画家。それぞれの愛を比べて【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

バンクシー、歌川国芳|現代と江戸時代。皮肉をユーモラスに描く、ヒーロー二人の展覧会【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】

横尾忠則、KAWS。グラフィック、グラフィティの世界から美術界に転身した鬼才二人の大規模展【比べて楽しむアート回遊録|とに〜】