まだ歌になっていなかった“あるある”

 2020年にTikTokをきっかけにブレイクしたセイレム・イリース。彼女の作詞のセンスはとにかく素晴らしい。ストリーミング総再生回数が2億回を超えた曲「Mad at Disney」は、「私はディズニーに怒っているの 騙されたわ 流れ星に願いをかけさせておいて 私は二十歳になったのに 何も知らない 真実の愛を見つけるなんて噓よ 愛って何なの?」と、まさかのディズニー映画に盾突く形で「愛とは何か」を歌にした。



 そのすぐ後にリリースされた曲「Coke & Mentos」では、「あなたに触れるとコーラにメントスを入れたみたい お互いが離れるまで爆発は止まらないわ」と、何ともアメリカ的かつポップな比喩を用いて、あふれ出す恋心をキュートに歌いあげた。



 そして、彼女が昨年末にリリースした「Hey Siri」。歌は「Hey, Siri アップルパイの作り方を教えて 日本語でありがとうはどう言うの? よく飛ぶ紙飛行機の折り方を教えて」とSiriに尋ねる形で始まり、「am8:05のアラームを消して 最近よく眠れないの 考えすぎちゃって」と徐々に一人語りへと移っていく。「頭に浮かぶたくさんの疑問は あなたが検索したって答えは見つからない もう嫌だわ 人は死ぬためだけに生まれてきたのかな」と歌われた後、「Hey, Siri 生きる意味って何?」という寂しいひと言でワンコーラスが終わる。



 Siriにいじわるな質問をした経験は誰しもあることだと思うし、「愛って何?」みたいなことを尋ねたことのある人も少なくないと思う。つまり、「生きる意味」みたいなものをAIに尋ねるのは、ある種の“スマホあるある”だと思う。それに気づいて、こうしていい歌にできてしまう彼女の才能が素敵だ。



 と、書きながら、ふと気になって、自分のスマホのSiriに「生きる意味って何?」と尋ねてみた。すると、「人に親切にすること、歯磨きを忘れないこと、適度に運動すること、信条や国家を問わずあらゆる人と平和に仲よく暮らせるよう努力することです」と、ウィット混じりの至極真っ当な返答がきて、いやはや、ぐうの音も出ない。

「Hey Siri」
Salem Ilese
Virgin Music



いしわたり淳治
作詞家、音楽プロデューサー。1997年、バンド「スーパーカー」のギタリストとしてデビューし、すべてのギターと作詞を担当。現在までに700曲以上の楽曲を手がけている。