2021年7月に開催された「ジョージ・ナカシマ没後30周年企画展」が好評を博し、続く2回目となる「ジョージナカシマ展」の開催が決定した。

会場は鎌倉山にあるink gallery。数奇屋建築の名門である中村外ニ工務店よる併設された茶室も会場の一部となる。

ここは、昭和を代表する建築家のひとりである吉村順三が設計し、1974年に竣工した建物。吉村とナカシマはアントニン・レーモンドの建築事務所の同僚で、親友でもある。

前述の中村外二含む3者は、実はアメリカ・ニューヨーク州に残るネルソン・ロックフェラー邸(1973年竣工)で協業した仲間。吉村が手がけたこの大邸宅のためにナカシマは220点以上の家具を製作。また、ここに併設された茶室は中村外ニ工務店が試行したものだ。

ink galleryならロックフェラー邸の縮図のような展示ができるのではと考え、「ジョージ・ナカシマ展」はこの場に決まった。

シンプルだが魅力あふれるブログレンスツール

今回の展示の目玉は、これまで一度も製品化されることがなかったナカシマ最初期のデザインのひとつであるブログレンスツールの復刻作品だ。元々のスツールは、ナカシマの大学の同級生であり、夫婦ともに建築家であったブログレン夫妻から頼まれて作ったもの。一風変わった形状の小さなスツールは、素材も形もナカシマの作品の中では異色な佇まい。復刻作品は忠実に復元するというよりは、これまでの時代の推移などを加味して作られている。

その他、多くの特別な仕様のナカシマ家具を展示・販売。開催期間は2022年4月3日(日)まで。ジョージ・ナカシマの世界を堪能できるこの機会を見逃すな!



ink gallery
住所:神奈川県鎌倉市鎌倉山1-19-12
TEL:0467-31-0088
開催期間:2022年3月26日(土)〜4月3日(日)
時間:11時〜18時 無休
◉入場無料