キッドマン&グラントが初共演!
スターが激突する極上サスペンス

ハリウッドの大物スターが新たな活躍の場を配信ドラマへ求める例はいまや当たり前だが、映画界で華々しいキャリアを誇るニコール・キッドマンもその一人。セレブなママ友たちに潜む闇を描いたミステリー「ビッグ・リトル・ライズ」でドラマ初出演を果たし数々の賞に輝くなど成功を収めた。そんな彼女が、再び挑んだサスペンス・ドラマがHBO作品「フレイザー家の秘密」だ。なんといっても話題はキッドマンとヒュー・グラントの意外な初顔合わせ。二人のベテラン・スターの個性のぶつかり合いは、やはり今作最大の見どころと言っていいだろう。

マンハッタンで医師の夫ジョナサン、息子ヘンリーと裕福な生活を送る臨床心理士のグレイス。ある日、知人の女性エレナが何者かに殺害される事件が発生。同時に夫ジョナサンが姿を消し、容疑者として手配されてしまう。やがてグレイスは、夫の隠された顔を知ることとなる。

物語の焦点となるジョナサンを演じるヒュー・グラントといえば、もちろん『ノッティングヒルの恋人』『フォー・ウェディング』などロマンティック・コメディのヒット作で知られる俳優。誰もが思わず好感をもってしまうルックスやムードの持ち主であり、暴力や殺人といった不穏な事柄とは一見縁がないように見える。事件後、妻の前に姿を現したジョナサンは自らの無実を訴えるが、キッドマン演じる主人公と同様に視聴者であるわれわれも、彼を疑わしく思う気持ちと「まさか、この男が人を殺せるわけがない」という感情の間で激しく揺れ動くことになる。ヒューの出演を熱望したのはキッドマン自身だそうだが、長年好青年を演じ続けた彼のイメージを逆手に取ったこの白黒つけがたい容疑者はまさにヒューにしかできないハマリ役だ。

果たしてエレナを殺したのは誰なのか? 巧みに仕掛けられた手がかりが提示されるたび、見る側はジョナサン以外の人物を次々と疑うことになり、真犯人は最後までわからない。結末には賛否あるだろうが、二転三転する展開が存分に堪能できる、連続ものならではの娯楽作。全6話とタイトな点も見やすくていい。


「フレイザー家の秘密」
監督/スサンネ・ビア 出演/ニコール・キッドマン、ヒュー・グラント、ドナルド・サザーランド

人気ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」のニコール・キッドマンと製作者デヴィッド・E・ケリーが再び組んだ心理サスペンス。監督はアカデミー賞外国語映画賞受賞のスサンネ・ビア。U-NEXT「フレイザー家の秘密」全6話独占配信中。



宇都宮秀幸
編集者・ライター。ネット配信作品のレビューサイト「ShortCuts」などで海外ドラマの紹介記事を執筆中。TBSラジオ「アフター6 ジャンクション」出演。


© 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.