「鬼に襲われても刀を研ぎ続ける鋼鐵塚さんの姿は、究極的には理想」

淺野太郎(刀鍛冶)



想像以上に刀鍛冶のことがしっかりと描かれていますよね。例えば、刀鍛冶の鋼鐵塚さんが刀への愛着とプライドが強いがゆえに、「刀は絶対に折るなよ」という話をするところがあります。一方で、刀鍛冶の里に行ったときに、鋼鐵塚さんの師匠が「折れるようななまくらをつくるほうが悪い」と言う場面があって、あれはすごく的を射ているなと思いました。

刀というのは、一つの物差しなんです。使う人であれば、刀が曲がったり、折れたりした場合は自分の腕が悪いと考えることで行いを正し、もっと強くなろうとする。同じように刀をつくる側であれば、折れる刀をつくるほうが絶対に悪いと思うことでもっといい刀を、もっと強度のある折れない刀をつくろうと努力する。その両方があることで、剣士も、刀鍛冶もともに成長していけるのです。

これは僕が刀鍛冶の大先輩から教えられたことなんですけど、刀をつくるときは一心に天下泰平を願ってつくれと。刀は非常に繊細なものなので、つくる側の心が乱れているとそれが刀にも表れます。だから、雑念を入れずに集中することが大事なんです。鋼鐵塚さんは鬼に片目をつぶされてもまったく動じることなく、超人的な集中力を発揮して刀を研ぎ続けますよね。あの姿は究極的には理想の状態なのかもしれませんが、僕だったら間違いなくひるみますね(笑)。


刀鍛冶の淺野さんがつくってみたいのは、伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の刀。「あんな形の刀は打ったことがないので」。


刀鍛冶の鋼鐵塚は、自分が打った刀に対する情が深いため、鬼との戦いで刀を折ってしまった炭治郎を怒りのあまり殺そうとする。「折れる刀をつくった自分が悪いという思いは絶対にあるはずですけど、それを認めたくないから、こういう行動になったのかなと思います」。


TARO ASANO

1976年生まれ。二十五代藤原兼房刀匠のもとで修業し2004年に独立。現在は岐阜県羽島市に鍛錬場を構える。刀づくりにかかわるワークショップを開いたり、海外で日本刀鍛錬の公開パフォーマンスを行ったり、伝統技術への関心を広げる活動を精力的に行っている。


●UOMO12月号特別付録!●

鬼滅の刃×UOMO
マルチクリアケースセット

『鬼滅の刃』の人気キャラクターが描かれたクリアケースは大きさの割にマチがなくてコンパクト。気軽に携帯できるので持ち歩きに便利。『鬼滅の刃』愛が詰まった著名人たちのインタビューが読めるUOMO12月号の詳細はこちら


Photo:Aya Suematsu Guenier
Text:Masayuki Sawada

©吾峠呼世晴/集英社