©吾峠呼世晴/集英社

これは9月25日発売号の次、10月24日発売の「UOMO(ウオモ)」12月号の付録の話。


集英社では、漫画「鬼滅の刃」のアニメ劇場版公開(10月16日)を記念して、媒体を横断する大型連合企画をローンチ。なんと、9月24日から発売される20誌に「鬼滅の刃」の特別付録が付くのだ。



©吾峠呼世晴/集英社

そして本日9月10日より特設サイトを設置。


各媒体の付録が一覧で丸わかりだ。サイトのキャプチャはロングスクロールだが、アンカーを飾る我らが「ウオモ」までじっくりチェックして欲しい。



©吾峠呼世晴/集英社

10月24日に発売されるメンズ誌「ウオモ」12月号の付録は、クリアケースが3つも付いた「鬼滅の刃×UOMO マルチクリアケースセット」だ。


主人公の竈門炭治郎、炭次郎の妹の禰豆子、水柱の冨岡義勇、彼ら3人それぞれのイメージカラーを背景に大胆にトリミングした原作画をプリント。シックで大人っぽいデザインになっている。



©吾峠呼世晴/集英社

そして、全集中してみると、他の「女性誌」の中にも“40歳男子”が持てそうな付録が散見している。


まず、9月28日発売の「MORE(モア)」11月号の付録は「働くあなたに贈る 鬼滅の刃ステッカー」。漫画からオフィスで使える響く言葉と名シーンが厳選されている。使いこなせた暁には職場の柱になれそうだ。



©吾峠呼世晴/集英社

応用編としての提案は、10月7日発売の「Marisol(マリソル)」11月号付録の「竈門炭治郎&煉󠄁獄杏寿郎チケットホルダー」から。


無限列車編で活躍する竈門炭治郎と煉󠄁獄杏寿郎が内側に配置されたホルダーは、サイト内文章にもあるようにマスク用のホルダーとしても使える。



©吾峠呼世晴/集英社

残暑も過ぎ去っていて欲しい頃、10月12日発売の「BAILA(バイラ)」11月号は「推しキャラいっぱい!尊さ渋滞!『鬼滅の刃』原作カラー扇子」が付録。


劇場版で活躍する炎柱の煉獄杏寿郎がセンターに配置されているが、熱風が吹くことはない。



©吾峠呼世晴/集英社

4点ピックアップのラスト、10月23日発売の「SPUR(シュプール)」12月号の付録は「鬼滅のミニ リサイクル コットンバッグ」。リサイクルコットンを使用した、ちょっとした外出に便利なミニバッグだ。


webUOMOのニュースでもエコバッグは閲覧数が非常に高い注目株。オシャレに使いこなしたい。



以上、「ウオモ」の読者層である“40歳男子”でも使えそうな4つの女性誌付録に全集中。「嫁が」「娘が」「同僚の女性が」「実は専属モデルが好きなんです」などの理由をつけて発売日にゲットして欲しい。


そしてやっぱり「ウオモ」のマルチクリアケースセットは珠玉の出来栄え。保管用・観賞用を想定して、弐冊、参冊、大人買いしてもよいだろう。



集英社:鬼滅の刃 アニメ劇場版公開記念集英社連合企画
期間:2020年9月24日(木)から / 特設サイトはこちら

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編2020年10月16日(金)公開!
https://kimetsu.com/anime/

Text: Takafumi Hojoh