vwタイプ3

ファッション誌を中心に広告、各種媒体などで活躍するカメラマンの田邊剛さんと、愛車のタイプ3ことフォルクスワーゲン1600ヴァリアント(1970年型)。


購入の決め手はビートルと“ノリ”

田邊剛さんが1970年式のタイプ3こと「VW1600」(以下、タイプ3)を手に入れたのは、26歳のとき。きっかけはとある自動車販売店に展示されていた、同じフォルクスワーゲン(以下VW)が手掛けた「ビートル」だった。

「スタイリストの友人とロケハンで静岡へ行った時に、途中の幹線道路沿いの自動車販売店が目に入ってなんとなく寄ってみました。そこが国内外の古い車が並んでる良い感じのお店で。たまたま展示されていたビートルを見つけて可愛いクルマだなあと思っていたら、友人に似合うと褒められてその気になっちゃって(笑)。でも機材が載らなくて断念したんですけど…」

そんなビートルとの出会いがあった静岡からの帰り、東京・等々力に当時あったフォルクスワーゲン専門店に同行者とともに寄ったことが愛車との出会いとなる。

「たまたま展示されていた“タイプ3”が1970年から3年しか製造していない後期モデルでした。最初見た時に、“これなら機材が載るじゃん!”と思って(笑)。クルマに関する予備知識ゼロで何も知らなかったんですけど、入店後10分位で購入を決めてしまいました。似合うと言われた事と、当時クレジットカードを持っていない僕でもローン組めると言われて(笑)。今は、なぜクルマを購入したかと聞かれると“ノリです”と答えています(笑)」


photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
prevnext
 

(1枚目から)
・田邊さんが所有するタイプ3は1970年から1973年まで3年間生産された後期型モデル。フロントノーズの上部が前期型より長いロングノーズとなるのが特徴となる。
・メッキバンパー、モールで覆われた丸形ヘッドランプなどエレガントな雰囲気を醸し出す装飾類。後期型のフロントウインカーは視認性を高めるため大型化された。
・デビュー時から1967年型まで楕円に近い形状だったものが、後期型では角が取れた長方形となったバックミラー。クラシカルなデザインがタイプ3によく似合っている。
・田邊さんのお気に入りポイントのひとつが三角窓。春や秋での走行時、心地よい風が室内に流れてくる利便性が高いパーツだ。
・ホイールには「VW」のロゴが入ったセンターキャップを装着。キャップのデザインはVWタイプ1ことビートルに通じるものがあるクラシカルな造形だ。
・タイプ3はリヤラゲッジ下部に空冷式エンジンを搭載するRR。田邊さんの愛車はラゲッジに多くのカメラ機材を積載するもののオーバーヒートは一度もなかったそうだ。
・テールランプは縦に長いリフレクターが目を引く造形。このデザインは1965年式から新たに採用され、生産が終了するまで変わらず採用されている。
・前期モデルから基本的なデザインは変わっていないリヤバンパー。うっかりぶつけても、ゴム製モールがある程度の衝撃を吸収してくれるので、気に入っているパーツのひとつ。
・このタイプ3には、純正のルーフキャリアが備わっている。純正キャリアが付いたタイプ3ヴァリアントは珍しい車両で、田邊さんご自慢の愛車ポイントだ。


想像以上の実用性とラゲッジ容量

思わぬ出会いで手に入れたタイプ3について、「話すことがあるかなぁ…」と心配していた田邊さんだがタイプ3への愛情は事欠かない。

「キャリアが付いた車両は珍しいのですが、ここはとくに気に入っています。また、このクルマのフロントは滑らかにノーズが落ちていた前期型とは違い、ロングノーズと呼ばれる鼻先が長いデザインなのですが、マニアには人気がないモデルなんですよ。販売しようにも売れないらしく…(苦笑)。でも、僕はこっちの間抜けに見えるヌケ感のあるデザインが好きです。街でタイプ3が走っていても、僕のクルマのほうが可愛いなと思いますし、やはり愛着があるのでしょうね(笑)」

その愛着は内外観へのカスタムはせず、できるかぎり純正パーツを活かしていることにも繋がっている。

「座席のシートを張り替えたことやフロアマットを変えた、あと消耗品を交換すること以外、サビだらけのバンパーなど含めて全体的にほぼ純正のままですね。いまだに悔やんでいるのは、荷物を載せるときに、うっかりいフロントガラスを割ってしまったこと。『West Germany(西ドイツ製)』と書かれたガラスが蜘蛛の巣状態になってしまい、アメリカ製の代替品に交換したのですが、オリジナルのガラスを失ったショックは大きかったです」


photo
photo
photo
photo
photo
photo
prevnext
 

(1枚目から)
・セダンモデルや2ドアクーペ使用のカルマンギアと共通するインテリア。3つの丸形メーターやダッシュボード下部はボディと同色パネルがオシャレなデザインだ。
・ダッシュボードにはモトローラ製のラジオが装着されている。いかにも70年代といったレトロデザインのラジオだが、壊れているため聴くことはできないという。
・今は作動していないが、VOD製の油圧計と油温計が備わる。VODとはVWにメーター類を共有するメーカーで、とくにビートルやタイプ2など空冷エンジンオーナーから支持されている。
・タイプ3にパワーウインドウは当然装着されていない。空調についてはクーラーがなく灼熱となる夏場はもちろん、ヒーターをつけるとガソリン臭が漂う冬場も悪いそうだ。
・田邊さんのタイプ3は4速MTを装備。左手前にギアを入れるとバックギアに入る。トランスミッションはMTのほかに1968年モデルからは3速ATが用意されていた。
・現在でも走らせることに不安を感じることはないと話す田邊さんだが、パッキンなどゴム製パーツの劣化が激しく、雨漏りすることには辟易しているそう。


トラブルらしいトラブルは少ない

カメラマンという職業柄、気になるのがRR(リアエンジン・リアドライブ)でネックになるラゲッジスペースについて。エンジンの上に荷室を設けたレイアウトでの熱対策や不便を感じたことはないのだろうか。

「当初はスノコを敷いたり、フィルムの保管用にクーラーバッグを使ったりといった対策をしていましたが、結果的には問題なかったです。よく荷室にカメラ機材が収まるのかを心配されるのですが、後部座席はフラットになるため、フロントトランクを合わせると想像以上に荷物を積むことができます。多くの機材を積んでも、オーバーヒートしたことはないですね」

仕事に日常使いにと購入後からこの1台で賄っているとのことだが、やはり気になるのは古いクルマならではのトラブルについて

「もともと丈夫なクルマだけど当たりの個体だった事と、メンテナンスをお願いしてるメカニックの方が良くて大きなトラブルはないです。細かいトラブルといえば、なんだろう……一度、ドライブシャフトが落ちて止まったことがあります(笑)。カメラマンという職業柄、年間10,000kmくらいは走行しますが、東京で一番距離を走っているタイプ3じゃないかと思っています(笑)」


photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
prevnext
 

(1枚目から)
・生産されて50年経つタイプ3をいまだに仕事や日常生活でフル活用している田邊さん。丈夫でシンプルな機能のためかとくに不安なく乗り続けられているそうだ。
・荷室がフラットになるなど実用的にも使い勝手が良いタイプ3ヴァリアント。空冷エンジン独自のバタバタ音を兼ねでながらいまでも軽快に走行する。
・田邊さんの愛車、VWタイプ3はセダンと2ドアクーペのカルマンギアが1961年にデビュー。ワゴン仕様のヴァリアントは1962年に追加された。
・リヤにエンジンを積むRRのためフロントにもトランクを設置。ウインドウォッシャーを作動する場合、スペアタイヤの空気を利用して液を発射する面白い機構を採用している。
・ドイツ製と記載されたプレート。タイプ3はドイツのみならず、ブラジルでも生産されているが、フロントフェイスなどはオリジナルデザインを採用していた。
・エンジンは1580ccの空冷式を搭載。基本はビートルと同じエンジンだが、冷却類の設計を変更し全高を低くおさえたことでラゲッジルームの利便性を向上させた。
・エンジンはこのトノカバーを外すと現れる。田邊さんの車両はダブルキャブ仕様だが、タイプ3には世界初となる電子制御燃料噴射装置が備わったモデルもあった。


これからも乗り続けたい

すでに半世紀の年月を得たビンテージカー。少なからず不安を感じることもあるようだ。

「パッキンの劣化や錆びが気になりますが、大々的にメンテナンスするとなると200〜300万円かかると言われてしまい…。クルマを動かすことに不安はないのですが、最近はさすがに2時間以上かかる距離への移動はレンタカーを使用しています(笑)」

そういいながらも、タイプ3との将来も見据えている。

「以前、VWタイプ2のオーナーと話をしたのですが、外観はサビだらけでボロボロなのに、車体の見えないところはちゃんとしていて。本当にボロボロの外観なのですが、オーナーいわくそれがこの車の過ごしてきた時間だから直さなくていいと。タイプ3もそういう方向で見えないところに手を入れて、潰れるまで乗るのもいいなと思っています」


田邊 剛/フォトグラファー
1981年生まれ。千葉県出身。写真家の富永よしえさんに師事。2004年に独立し、雑誌、広告、ミュージシャン、俳優などの撮影を手掛ける。デジタルでの撮影が主流の現在でもフィルムカメラを多用。2018年には俳優・坂口健太郎さんのファースト写真集「坂口健太郎写真集 25.6」(集英社)を手掛けた。


Photos:Teppei Hoshida
Text:Tsuyoshi Tezuka