HIITって何だ?

4つのトレーニングを
20秒全力10秒休憩
で順に行う

高強度な運動と小休憩を繰り返す「HIIT」は無酸素運動と有酸素運動、両方の運動効果を期待できる。「各トレーニングを20秒行い10秒休憩の2分間×2周をテンポよく行いましょう。時間が短いぶん、各動作をいかに高速で行うかが鍵となります。運動後もエネルギー消費が高い状態が続く“アフターバーン効果”があるのも魅力的。動きに慣れたら回数アップを狙ったり、時間設定を40秒運動20秒休憩に変えたりすれば効果もぐっと上がります」。

教えてくれたのは
バズーカ岡田さん

日本体育大学体育学部教授、理学療法士。「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)などのメディア出演から「SIXPACKプロテインバー」の監修など多岐にわたり活動。YouTube公式チャンネル「バズーカ岡田の筋トレラボ」。近著『「食べる」を増やして、絞る! 最高の除脂肪食』(ポプラ社)。


20秒全力マウンテンクライマー

定番の腿上げを高速バージョンで

椅子を一脚用意。座面の両端を手でつかんでしっかりと押さえつけ、両脚を後ろに伸ばした状態がスタート姿勢。そこから脚を交互に蹴り上げ、太腿をお腹に引きつけては元の位置に戻す、をスピーディに繰り返す。

10秒休憩


20秒全力高速ゴブレットスクワット

重りを持ったままスピーディにスクワット

ペットボトルを胸の前で持って行う。ジャンプしやすい足幅に開いて立ち、お尻をつき出し、膝を曲げて太腿が床と平行になるまで腰を落とす→元の姿勢にジャンプして戻る、を反復。ペースを上げて行うべし。

10秒休憩


20秒全力バイシクルクランチ

ツイスト動作で腹まわりを追い込む

床に膝を軽く曲げた状態で座り、両手は後頭部に添えておく。右膝を引き上げながら、上体をしっかりとツイストさせて左肘と右膝をタッチ。両足を元の状態に戻し切ったら、すぐに逆サイドに移る。自転車をこぐイメージでテンポよく交互に。

10秒休憩


20秒全力プッシュアップツイストニー

身体の軸がブレないように腰からひねる

両手を肩幅程度に開いてつき、両脚を後ろに伸ばす。頭から足先までを一直線に保ったままプッシュアップを1回、次に体軸を保ったまま片膝を曲げて腰を左右にツイスト、を繰り返す。膝が真横に向くくらいしっかりとひねりきる。

10秒休憩


タンクトップ¥9,500・ショーツ¥8,500/ルルレモン スニーカー¥17,500/オールバーズ ソックス/スタイリスト私物


バズーカ岡田氏監修・
3ヶ月で-5kgがかなう
週替わりトレーニングはこちら
▶︎


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Teppei Hoshida
Hair&Make-up:Miki Masue
Stylist:Masashi Sho 
Model:Yuji Matsumoto 
Composition&Text:Nao Kadokami