01:Stone Island × TOKYO DESIGN STUDIO New Balance FuelCell RC ELITE v2

定番モデルや定番カラーのスニーカーもいいけれど、シンプルな着こなしにアクセントを加えてくれる一足もワードローブに加えておきたい。大胆な配色と個性あふれるデザインが魅力的な東京デザインスタジオ ニューバランスとストーンアイランドのコラボモデルなら、まさにうってつけだ。今回のコラボスニーカーは、2021年秋に続いての第2弾。レーシングおよびトレーニング用のパフォーマンスシューズである「RC ELITE(アールシー・エリート)」 を再解釈して開発され、「Stone Island × TOKYO DESIGN STUDIO New Balance FuelCell RC ELITE v2」と名付けられている。


>>Stone Island × TOKYO DESIGN STUDIO New Balance FuelCell RC ELITE v2をもっと見る


02:Bodega × New Balance 574 Legacy

大人のスニーカーはブラックやホワイトなどのシンプルなカラーを選びがちだが、ビビッドなカラーも一足持っておけばコーディネートの幅がぐんと広がる。「New Balance(ニューバランス)」と、ボストン発のコンセプトショップ「Bodega(ボデガ)」とのコラボモデルは、鮮やかな配色と細かなアレンジで差をつけられるスニーカーだ。ベースに選ばれたのは、ベストセラーモデル「574」に現代的な要素がプラスされた「574 Legacy」。 「574」の特徴である丸みを帯びたクラシックなシルエットはそのままに、ミッドソールとアウトソールにはフレアに広がるデザインが採用され、現代的なムードに昇華されている。


>>Bodega × New Balance 574 Legacyをもっと見る


03:New Balance CT300 WB3

1970年代に軽量なテニスシューズとして発表されたCT300。今季はコム デ ギャルソン・オムとのコラボもあって、おしゃれ通からも一目置かれるスニーカーに。夏に活躍してくれるのは、ブルーのアクセントカラーがさわやかなホワイト。メッシュ、スムースレザー、スエードのコンビネーションが白を立体的に見せ、スポンジ剥き出しのシュータンがレトロなニュアンスを添える。


>>New Balance CT300 WB3をもっと見る


04:New Balance U9060

どうしても無難に白か黒のスニーカーを選んでしまいがちな大人にぜひ試してほしい色がある。それがベージュだ。トレンドカラーであるのはもちろんだが、落ち着いた印象を醸し出せる上、肌の色に近いため着こなしに自然に馴染むというメリットもある。New Balance(ニューバランス)から発売された「90/60(ナインティシックスティ)」ならシルエットも秀逸で、理想的な大人のスニーカースタイルを構築できるはずだ。


>>New Balance U9060をもっと見る