ここは「コム デ ギャルソン」の総本山!


モード好き大人男子に圧倒的に支持される「COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)」の2023年春夏展示会に、編集部員のY神とH條が突撃。正月以降に発売されるメンズアイテムの中からコラボスニーカーを中心に最速でチェックする試みだが、リアルなルポ形式は「コム デ ギャルソン」では初である。


Y神:えっと、WEB UOMO編集長から「出禁だけは避けてね」と言われております。


H條:ギャルソン社は転職前の私の古巣でもありますからね。大丈夫でしょう!


Y神:逆に心配…。



表参道の路面旗艦店のほど近く。とあるテナントビルの4階へ赴き、展示会場の入り口に到着。


Y神:人がいるのに、しーんとしとる。あとコンクリートのような香りが漂っている。


H條:独特ですよね。香りはアトリエ勤務の社員が好んでつけているパルファムの「ODEUR 53(オドゥー 53)」かと。私もつけていましたが、走馬燈のようにいろんな出来事が強制的に思い起こされます。


Y神:それっていわゆるト…。


H條:突撃!






①COMME des GARÇONS SHIRT


× asics



満面の笑みのY神。6月に披露されたパリ・メンズコレクション後の現地展示会では、「asics(アシックス)」「NIKE(ナイキ)」「New Balance(ニューバランス)」などとのコラボスニーカーが話題だった。


H條:最初は「COMME des GARÇONS SHIRT(コム デ ギャルソン・シャツ)」のコーナーです。


Y神:これください。


H條:えっ。もう!?




photo
photo
prevnext


シューレースもソールもタンも黒と白のワントーンで統一された「アシックス」とのコラボ。マットな素材感と丸っこいフォルムが魅力だ。


H條:コロンとしたフォルムで愛らしい。ギャルソンらしくサルエルパンツと合わせるとよろしいかと。


Y神:素材はレザーかしら。根掘り葉掘り価格とかをプレスさんに聞いちゃうのもはばかれる。


H條:速報記事なので、今回は画像と我々の感想メインで。今後、アイテム毎に新作ニュースとしてしっかり紹介することもあると思いますし。






②BLACK COMME des GARÇONS


× NIKE (※2022-23年秋冬)



お次は、「BLACK COMME des GARÇONS(ブラック・コム デ ギャルソン)」のコーナーへ。メンズ合同展のシーズンは2023年春夏だが、このブランドだけ2022-23年秋冬の扱いで、入荷時期も早い。


Y神:待ってましたの「ナイキ」コラボ。ていうか、この棚ぜんぶが「ナイキ」とのコラボ商品だね。


H條:真っ黒で判別しにくいですが、Y神パイセンが手持ちのマットなアッパーは「Air Zoom Talaria(エア ズーム タラリア)」のような。2021年1月にもコラボを発売しているので違うかもですが。




photo
photo
prevnext


H條:こっちは一瞬「MD ランナー」かと思いましたが、「GENICCO(ジニコ)」か「EAGLE(イーグル)」のどちらかかな? たぶん「イーグル」。


Y神:どちらにしてもわりとマイナーなモデルだよね。かかとに「ナイキ」のアイコンである「Swoosh(スウッシュ)」と「BLACK」の文字のみのオールブラック。黒好きにはたまらんでしょう。


H條:不確かなので、編集部に持ち帰りましょう。お次の「ナイキ」コラボは6月のパリコレでも話題だったので、モデル名はすでに判明済みです。






③COMME des GARÇONS HOMME PLUS


× NIKE 「TERMINATOR」



そのブランドとは、パリコレを拠点にモードを発信し続けている「COMME des GARÇONS HOMME PLUS(コム デ ギャルソン・オム プリュス)」。


「ナイキ」とコラボした3色の「TERMINATOR(ターミネーター)」が置かれていた。




photo
photo
photo
photo
photo
prevnext


オリジナルの「ターミネーター」は1985年に「ナイキ」から発売された名作バスケットボールシューズ。即完売必至の本コラボでは、ヒール箇所に「CDG」と「NIKE」の文字があしらわれている。


ブラック、ネイビー、レッドの3色展開で、発売日は未定。「コム デ ギャルソン・オム プリュス」の春夏シーズンの立ち上がりは毎年1月が恒例だったが、ここ数年のコロナ禍では2月になっている。



H條:ゴシックポップ体の「CDG」と「NIKE」の英字が好みです。これでジムに通おうかしら。


Y神:えっと、ボクが今日はいている「DUNK(ダンク)」と「ターミネーター」の違いは…。


H條:長くなるのでランチの時間に語りましょう。絵型をチラッと見ましたが36,000円の表記でしたので、税込み39,600円かと。素材は牛革でした。


Y神:ネイビー、絶対買います!






④COMME des GARÇONS HOMME


× PORTER



川久保玲が手掛けるラインの次は、渡辺淳弥デザイナーのメンズラインへ移動。


Y神:「CdGH」とあるから、「COMME des GARÇONS HOMME(コム デ ギャルソン・オム)」かな。ショルダーバッグもなにげに「PORTER(ポーター)」とのコラボ。シンプルなのがオムの魅力だと思う。






⑤COMME des GARÇONS HOMME


× New Balance 「580」



Y神が手持ちした「ニューバランス」も一見シンプルで見落としがちだが、ヒール箇所に同じく「CdGH」が施されていた。ノーブルな大人向けコラボだ。


H條:タンにある品番を見たいです。


Y神:えっとね、「580」と書かれてるよ。




photo
photo
photo
prevnext


H條:うわ。「580」とは渋いですね。ロードラン用が900番台、フラッグシップモデルが1000番台、21世紀の最新シリーズは2000番台、レトロで安価な500番台はオフロード用でしたっけ?


Y神:いかにも。コラボベースの目の付け所が、さすが「コム デ ギャルソン」。


H條:500番台では、グレーの「574」が「ニューバランス」のエントリーモデルとして有名ですよね。「580」は日本単独企画だったはず。


Y神:地味に「日本×日本」のコラボだ。


H條:今は亡きパリのセレクトショップ「Colette(コレット)」と「ニューバランス」のコラボも、この「580」だったと記憶しております。


Y神:む。あっちにも「ニューバランス」が!






⑥JUNYA WATANABE MAN


× New Balance 「RC30」



カラフルな「ニューバランス」は「JUNYA WATANABE MAN(ジュンヤ ワタナベ マン)」。


H條:クラシックに見えますが、異色のフォルムと「Nロゴ」が持ち味の「RC30」は、そもそも2022年7月誕生の新モデル。もはや「ジュンヤ ワタナベ マン」のオリジナルスニーカーのように見えてきます。


Y神:「ニューバランス」の新モデルとさっそくコラボしたんだ。しっかり打ち合わせしてそう。




photo
photo
photo
photo
prevnext


「ニューバランス」の初代ランニングシューズである「Track Star」を彷彿とさせる、曲線的なリップルソールを備えたニューフェイスの「RC30」。公式サイトでのキャッチコピーは、「1970年代から時空を飛び越えた実験的でエッジの効いたデザイン」だ。


H條:「RC30」は注目株かと。2023年春夏パリ・メンズコレクションでは、「ジュンヤ ワタナベ マン」の他にも、俳優のドナルド・グローヴァ―(Donald Glover)とのコラボも発表されていました。


Y神:ドナルドはラッパーのチャイルディッシュ・ガンビーノね。カルチャー色が強めのエッジィな「RC30」。引き続き注目しましょう。






⑦JUNYA WATANABE MAN


× 企業ロゴ



H條:私の個人的な注目アイテムは「Coca-Cola(コカ・コーラ)」ほか、企業コラボです。同じく「ジュンヤ ワタナベ マン」で発見しました。


Y神:コカ・コーラ好きだもんねぇ。ボクは「Netflix(ネットフリックス)」かな。「ストレンジャー・シングス」の新章も早く見なきゃ。


H條:試着、いいですか?


Y神:わわ。珍しい。



Y神:あっ。マイケル・ムーア監督…。


H條:えっ。


Y神:展示会へのノーアポ突撃っぷりは、マイケル・ムーア映画を彷彿とさせる…。


H條:Y神パイセンも試着どうぞ!






⑧eYe JUNYA WATANABE MAN


× BARACUTA



Y神:ボクは「BARACUTA(バラクータ)」とのコラボブルゾンが気に入りました。


H條:こちらも正確には、セカンドラインとして派生した「eYe JUNYA WATANABE MAN(eYe ジュンヤ ワタナベ マン)」とのコラボです。




photo
photo
photo
photo
prevnext


Y神:定番のドリズラーをフード付きでアレンジしたデザイン。ネイビーとオレンジの配色も絶妙だけど、たぶん「バラクータ」の企業カラーの1つであるオレンジを取り入れたんだと思う。


H條:英国のオリジナルシルエットは、めっちゃボリュームがあるんですよね。それにフードを付けることで、全体のバランスが良くなった気がします。もちろんオリジナルも素敵ですけど。


Y神:銀座のドーバー ストリート マーケットで買います。ありがとうございました。





⑨eYe JUNYA WATANABE MAN


× New Balance



photo
photo
prevnext


H條:同じく「eYe ジュンヤ ワタナベ マン」では「ニューバランス」とコラボしたトレッキングシューズがありました。さりげなさすぎて、「ニューバランス」のメインラインと勘違いしてましたが。


Y神:旬の文化系アウトドア男子にフィットしそうなコラボを最後の最後に発見するとは。マストバイのコラボが多すぎて選べないよ。


H條:御意。



初の試みとなる「コム デ ギャルソン」メンズ展示会での取材ルポは以上。


2023年春夏シーズンが発売される正月以降を楽しみに待とう。なお、本稿で紹介したコラボアイテムのうちいくつかは、今後の「UOMO」本誌やウェブでピックアップされるかもしれない。




コム デ ギャルソン 2023年春夏展示会
Comme des Garçons

Text: Takafumi Hojoh