履き心地ファーストで選んだ2002R

鳥居卓也さん(37歳/営業)
+Jのストライプシャツで清涼感全開。九分丈のディガウェルのスラックスに、2002Rを合わせた。「休日は子どもを抱っこすることが多いので足元は履き心地ファースト。クッション性の高いサンダルも探してます!」


オリジナルのUSA製を白ソックスと合わせて軽快に

増井岳人さん(彫刻家)
「デニムの裾が切れてきたり穴があいたら膝でカットオフして短パンにしていました」というデニムのショーツとチャコールグレーのアメリカ製ニューバランスの2002を合わせた増井さん。重たく見せないよう白のソックスを合わせて、コーディネートに軽さを引き出した。


黒のセットアップスタイルの足元に

中山慶人さん(37歳/アーバンリサーチ プレス)
黒のテアトラのシャツとシャカパンをセットアップで着こなすことで、一気に大人なムードに。グレーのニューバランス2002Rと少しだけ見せた白Tでコーディネートをクリーンに格上げ!


中性的なフラワープリントを2002Rで引き締め

林田和也さん(22歳/アパレル商社)
カミエルフォートヘンスのシャツは水色のフラワープリントがかわいげたっぷり。「脚の形をカバーするために」と選んだシアージのビッグサイズパンツに、グレーの2002Rと黒ソックスを合わせて、全体をシックに引き締めた。


Photos:Mitsuo Kijima
Text:Ryo Kikuchi Kanae Hidaka Ryoma Tsukahara