小澤匡行

「足元ばかり見ていては欲しい靴は見えてこない」が信条。スニーカー好きが高じて『東京スニーカー史』(立東舎)を上梓。靴のサイズは28.5㎝。


01:NIKE|AIR HUARACHE

スニーカー¥14,300/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス) 

今年30周年の名品にモノトーン配色が登場

「エア ハラチは僕がはじめて買ったナイキのシューズで、お気に入りモデルのひとつ。1991年の誕生から30年周年ということで、今年はいろいろな配色が出ています。オリジナルカラーはスポーティすぎるから大人が履くならモノトーン。最近発売された白×黒はすごくいいカラーだと思います。シャカシャカ素材の服にはハラチのようなスニーカーが似合います」(小澤)


ネオプレン風素材のブーティ構造にメキシコの伝統的サンダルの機能性を融合させたハラチフィットシステム。発売されるや大人気を博し、ナイキを代表するテクノロジーとなった。現行のモデルはデザインは当時のまま、素材をアップデートして快適性が向上している。


02:SNS×ASICS|SportStyle NOVABLAST™

スニーカー¥16,500/エスエヌエス×アシックス スポーツスタイル(スニーカーズエンスタッフ トーキョー)

ファッションと兼用できるランニングシューズ

「去年はよく走っていたので、ノヴァブラストが発売されてすぐランシューとして使っていたところ、アフィックス ワークスが別注をかけたりして、タウンユースの可能性もあるなと思いました。このSNS別注のヌーディカラーはファッション的にもいいし、このまま走ってもいい。両方いけるスニーカーをいつも探しているので、こういうアプローチはいいと思います」(小澤)


スウェーデン発のスニーカーセレクトショップ、SNSとのコラボモデル。通気性に優れたモノフィラメントメッシュ、反発性を発揮するフライトフォーム ブラストミッドソールで、デイリーランニングシューズにも最適。シックなピンク色、コージーピンクのワントーンがモダンな一足。


03:adidas|Originals ZX 420

スニーカー¥17,600/アディダス オリジナルス(アディダスお客様窓口)

色使いのいいモデルが見つかるアディダス

「ローテクってオリジナルカラーばかりがすぐに欲しくなるという感覚が90年代からあります。でもアディダスに限っては探すと色使いのいい新作が多くてこのZX 420もそんなひとつ。上品で大人っぽいベージュやスエードの質感がオーバーレイ部分は違っていたりして、高級感もあります。どこかのブランドの別注と言われたらそんな気がするでしょう? ピュアにいいと思えます」(小澤)


80年代を代表するアディダスのランニングシューズ、ZXシリーズ。1988年に登場したZX420をベースのデザインはそのまま、ディテールを現代的にアレンジした新作。凹凸のあるぺブル加工のシュータンやブルーのロゴプリント、メタリックゴールドの箔押しがほどよいアクセントに。



アディダスお客様窓口 TEL:0570-033-033
スニーカーズエンスタッフ トーキョー TEL:03-6868-8801
ナイキ カスタマーサービス TEL:0120-6453-77

Photos:Yuichi Sugita
Stylist:Masayuki Ozawa
Composition&Text:Hisami Kotakemori
Illustration:Yoshifumi Takeda