小澤匡行 Masayuki Ozawa

連載「東京スニーカー氏」でお馴染み。今回集まった数十足は、最新鋭から“世代”なものまで幅広く、興味津々。果たして、どれに課金するのか…?


1暖かさに加えて、クッション性も最高。新定番の「CA805 SPILL SEAM」。¥20,000/アグ®(デッカーズジャパン)

2軽量で丈夫なアウトソールはルームシューズとしてもいける「ZIMMER」。¥9,000/グラビス

3ゴアテックスによるフラットなアッパーとグレイッシュなカラーが大人な印象。¥25,000/ホカ オネオネ™(デッカーズジャパン)

42006年にゴアテックスを採用してヒットした「FLYROC 345 GTX」の復刻。¥20,000/イノヴェイト(デサント トウキョウ)


頼れるボアとゴアで

「冷え性改善に課金」

 年をとってから冬にスニーカーを履くと爪先が冷えるようになり(特にメッシュはきつい)、見た目よりも実用性重視でウォーム感のあるスニーカーを探すようになりました。代表的な素材がボアで、このジャンルはアグが白眉。最近はボリュームたっぷりのスニーカーが人気で「アグ=ブーツ」のイメージを塗り替えつつあります。また冷え性対策ならゴアテックスもおすすめ。冷気の侵入も防いでくれるので、雨や雪の日でなくても真冬は常にローテーション入り。このジャンルはアウトドア系が充実しているので、好きなブランドから探すのがいいでしょう。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Yoshio Kato 
Stylist:Takeshi Toyoshima 
Illustration:Yunosuke Yoshifumi Takeda
Text:Masayuki Ozawa