On / Cloudflyer

足を包み込むようなソフトな着地

「オンのシューズは初めて履いたのですが、とにかく履き心地がよくて欲しくなりました! チューブ状のソールの独特なフニッとした感覚が足裏に優しい。アッパーのメッシュが、僕のような足の甲幅が広い人にもきちんとフィットしてくれる。個性的すぎると思っていたデザインも履いてみるとしっくりきました」。ソールにオンの独自素材「Helion™スーパーフォーム」を採用した、クッション性の高い一足。¥16,800/オン(オン・ジャパン)

嶋田哲也さん(muroffice プレスマネージャー)

ロングランからトレランまでハードな走りを楽しむ。ウルトラトレイル・マウントフジ2021で100マイルコースを完走するのが目標。


New Balance / FRESH FOAM MORE

想像以上の安定感で足に優しい

「第一印象はソールがふかふか。初めての履き心地でした。そのぶん、着地がしっかりしないのでは?と懸念しましたが、いざ走ると抜群の安定感に驚きました。足に負担をかけたくない長距離の練習のときに最適です。オールブラックでデザインもかっこいい」。レーザー加工でクッション性を極めた「FRESH FOAM MORE v2」の厚底が特徴。足の横ブレや倒れ込みを防いでくれる。¥17,000/ニューバランス(ニューバランス ジャパンお客様相談室)

鈴木大輔さん(TEAM UOMO)

中学時代から陸上部で、ラン歴38年。一度だけ当選した東京マラソンでは、強風・みぞれの悪天候の中で凍えながらも完走。


ASICS / NOVABLAST PLATINUM

反発力があって、軽く走れる

「普段履いているシューズに比べてクッション性が高く、軽やかな走り心地。足首のホールド感もしっかりしていました。落ち着いたカラーリングも好き。反発力はすごいのですが、自分はもう少し硬いほうが力を入れやすい」。新開発されたミッドソール「FLYTEFOAM BLAST」の軽さと優れた反発性が魅力。アウトソールの前足部をくぼませたトランポリン構造で柔らかな着地を実現。¥18,000/アシックス(アシックスジャパン お客様相談室)

秋山貴紀さん(スタイリスト)

趣味のバスケットのための体力づくりがきっかけで、5年前から走り始める。多いときは週に4日、駒沢公園を10㎞ほど走る。


HOKA ONE ONE / CLIFTON 7

見た目のボリュームよりも軽かった!

「重くて硬そうに見えるのに、とにかく軽くて柔らかい! 履いたときの感動があります。通気性もよくて気持ちいい。足元の安定感よりはクッショニングに優れていました。個人的にはもっとフィット感が強いほうが好き」。軽さと柔らかさを追求した「CLIFT ON」の最新モデル。履き口まわりのアンクルパッドがアキレス腱にかかる圧力を和らげる。傾斜のあるヒールによって滑らかな着地が可能。¥16,000/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)

水澗 航さん(ENKEL/STUDIO FABWORK 主宰)

週2〜3回、家の近所をマイペースに走りながら考え事をするのがリフレッシュの時間。目標は東京マラソンで4時間を切ること。


自分のランニングスタイルに合ったベストなスニーカーを求めて!

嶋田 約5㎞、しっかり走れる試着って贅沢ですね(笑)。やっぱり、ランニングシューズのよしあしは、店頭でちょっと履くだけでは判断できない。
秋山 そうだね。僕は初めてのアシックスで、ホールド力があってかなり新鮮でしたが、皆さんはどうでしたか?
水澗 秋山くんと同じく、いつものランといろいろ違いを感じて面白かった。日頃、安定性を重視してヒールカップのサポート力が高いアシックスを履いていますが、試着したホカ オネオネは驚くほどクッション性が高い。ソールのボリュームに対して軽さもあり、こういうタイプも選択肢の一つだなと目からウロコでした。

鈴木 僕が試したニューバランスもソールが厚め。実は、ボリュームのあるソールって重そうで敬遠してたんですが、衝撃が吸収されて足を守られている感覚が強くてよかった。
水澗 発見が多いですよね。いつもはマイシューズにフィットするソックスを合わせて最高の状態に仕上げているのですが、今日はランニングシューズそのものをジャッジするために薄手のノーマルタイプをはいてきました。
嶋田 ソックスでチューニングする感覚、わかります! 僕も2種類持ってきた。
秋山 さすがです(笑)。ランニングのスタイルによっても、最適なシューズって変わりますよね。

嶋田 そうですね。僕はトレランをするので、普段は坂道や階段などハードな道を走ることが多くて、クッション性が大切。オンはその点で素晴らしく、高評価! 一見、ソールが奇抜な気がして避けていたけど、断然走りやすかった。
鈴木 その穴のあいた形状、実際に機能的なんですかね?
嶋田 足にかかる圧力が分散される感じで、心地よかったです。もっとラフなコンディションでも試してみたいですね!
水澗 なるほど。僕は逆に整備されたフラットな道ばかり走るので、蹴り出しのグリップ力を重視しがちなんですよね。
秋山 種類はたくさんあるのに、自分の求めるポイントをクリアするものってなかなか出会えない。もっとこういう試走の機会が増えればいいのに。
鈴木 同感です! 走ってみるとどんなシューズも一長一短あることに気づけて、何を優先するかですよね。

秋山 僕はアシックスを試着して、軽く走った1周目はソールの柔らかさにすごく感動した。一方、スピードを上げて走った2周目はその柔らかさゆえに力を入れられず、推進力に物足りなさを感じた。
水澗 確かに、1周目と2周目でシューズの感覚にも変化がありましたね。
秋山 ところで先頭だった嶋田くんは、何で2周目に突然ペースを上げたの?
嶋田 いや、いろんなシチュエーションで試走しなければ、と思いまして(笑)。
秋山 ガチすぎて疲れちゃったよ…!



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi
Stylist:Shota Iigaki
Text:Takako Nagai