レジ袋が有料化され、エコバッグもすっかり必需品になった。しかし、、なかなか気に入るデザインのものが見つからないのも事実。スタイリッシュでインパクト抜群、そして実用的なエコバッグはないものか。そんなわがままな望みを叶えてくれる逸品が登場した。それが、アート集団「team Lab(チームラボ)」がデザインを手がけた「teamLab Folding Rice Bag(チームラボ フォールディング ライスバッグ)」だ。

teamLab Folding Rice Bag
価格:¥6,000
Firsthand RAYARD MIYASHITA PARKにて10月23日(金)11:00から先着100名の予約販売。
11月上旬~中旬に店舗にてお渡し予定。完売次第、販売は終了。



頑丈でサスティナブルな素材に注目!

驚きなのはその素材。なんと、お米を貯蔵・販売するための米袋を使用しているのだ。本来、破棄される予定だった米袋を農家から譲り受けてアップサイクルしたサスティナブルな素材で、30kgのお米を入れられるように作られているためとても頑丈だ。また、紙でできているため、小さく折りたたんでコンパクトに持ち運ぶこともできる。

デザインもとてもユニークだ。もともとの米袋の柄の上から「TEAM LAB FOLDING RICE BAG」や「Tokyo under Lockdown」と記された大きなステッカーを大胆に貼り付けることで洗練された印象に一変し、抜群の存在感を放っている。



限定100個ゆえ争奪戦必至!

こちらのエコバッグは、1つずつナンバリングをほどこしたリミテッドエディションとなっており、限定100個が販売される。クリエイティブとサスティナブルの融合を目指すコンセプトストア「 Firsthand(ファーストハンド)」の旗艦店「Firsthand RAYARD MIYASHITA PARK」にて、10月23日(金)から先着100名の店頭予約販売を予定しており、購入者にはノベルティとして再生紙を使用したチームラボの限定ステッカーをプレゼントされるとのこと。



これさえあれば、毎日のショッピングがもっと楽しくなるはず。



Firsthand オフィシャルウェブサイト
http://firsthand.jp/
※価格は全て税別です

Text:TetsuTakasuka