教えてくれたのは

フィジカルトレーナー 
中野ジェームズ修一

アスリートからビジネスパーソンまで指導。『最大効果のウォーキング』など著書多数。

ウォーキングプロデューサー 園原健弘

ウォーキングプロデューサー 
園原健弘

バルセロナ五輪で50㎞競歩に日本代表として出場。監修本に『ウォーキング100のコツ』。


そのウォーキング、正しいですか?

1正しい歩き方の姿勢って?

みぞおちから脚を振り出すように意識して
(園原)

細かいことは気にしなくて大丈夫!
(中野)

ウォーキング姿勢

A視線は真っすぐ遠くを見つめる

B呼吸はハッ、ハッと吐くときだけ意識する

C手は大きく振ろうとせず自然なままで

D振り子のようにみぞおちから脚を振り出す

足幅や手の振りなど歩くときの姿勢で意識すべきことは? 「複雑に考える必要はありません。水泳や球技などと違い、歩行は誰に教わらなくても習得できる動作の一つ。フォームを細かく意識しすぎると動きがぎこちなくなり、ケガのリスクが高まることも」(中野)。
見映えのいい“歩き姿勢”のポイントはたった一つ。「みぞおちから脚を振り出すようにして歩くこと。みぞおち=脚のつけ根というイメージで脚を動かすと、インナーマッスルの大腰筋をうまく使えるので、身体に負荷がかかりにくく、長い距離も気持ちよく歩けるはず。あとは普段、運動習慣がほとんどない人や呼吸が浅い自覚のある人はまず“吐く息”を意識しましょう。ハッ、ハッと息を吐くと同時にお腹もへこませると、自然と腹筋を使った腹式呼吸になります。“呼吸筋”こと横隔膜も使えるので、酸素をたっぷり取り込めます」(園原)。


2
気づけばスニーカーの
ソールの外側が減っている…

問題ありません! ただ「買い替え時」のサイン(中野)

「ソールの外側が減るのは踵の外側で着地しているからだと思いますが、足運びとしては自然なこと。ただしソールが減ったスニーカーで歩くと関節を痛めるリスクが高くなるので早めに買い替えを。ちなみに歩くのが習慣になり適切な筋力が備わると、脚の筋肉のバランスも整って、よりきれいな着地ができるようになります」(中野)。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Yuichi Sugita[POLYVALENT] 
Hair&Make-up:Narumi Tsukuba 
Stylist:Takeshi Toyoshima  Model:Yuji Matsumoto 
Illustrations:Ryo Kaneyasu[visiontrack] 
Text:Nao Kadokami