THE 健康ルーティン。
散歩中に曲が降りてきたり、
歩く=いいことしかありません!

麻布十番 → 赤羽橋 → 東京タワー
TOTAL 30分 3500歩


散歩はサイKOO~!

一人で、時には娘と一緒に。 散歩は街や家族とのCommunication

一人で、時には娘と一緒に。
散歩は街や家族とのCommunication

 「なんだかんだで週に4回くらいは散歩してますね。地元の麻布十番から、東京タワーに行くか、六本木ヒルズに向かうか。一人でも歩くけど、時間が合うときは娘と一緒に。娘のほうが写真を撮るのがうまいから(笑)、インスタの“映え”写真を撮ってもらったりして、寄り道しながら往復すると8000〜1万歩は歩いてます。散歩のきっかけは、5年前に番組の人間ドック企画で脳動脈瘤が見つかったこと。生活習慣を変えなきゃと思って始めたけど、ウォーキング中に曲が“降りて”きたり、インスピレーションを得ることが多いです。今、僕がプロデュースしてる静岡のアイドルユニットに提供した楽曲のメロディも散歩中にひらめいたし…。街ゆく人を見たら、『この人にはどんな夢が後ろにあるんだろう』って、物語を想像してみたり…DJをやっているだけでは見えない景色に出会えるんです」


麻布十番は住み始めて30年

地元の麻布十番 DJ.KOO

「おはようございます」。穏やかな声色とともに、誰が見ても一発で“DJ KOO!”ないでたちで現れたKOOさん。それでも街の景色に馴染んで“見せている”のは、住んで30年近くになるという、もはや“庭”な麻布十番だからか。
「普段の散歩は夜が多いです。出発地点はここ、地元民が“ロータリー”と呼ぶパティオ十番周辺。今日は自然が多い東京タワーコースを散策しましょう」


年間1000個食すパンLOVER

DJ.KOO お気に入りのパン屋

 言うやいなや、腕を大きく振りだすウォーキングガチ勢フォームでサクサクと歩いていく。商店街を抜けると「あ! 豆源はおかきがおいしいんですよ。おやつに買ったり御進物にもしてます」「僕、“利きパン”できるくらいのパン好きで。ここのお店も行きつけ」と、散歩番組さながらに街をguide&announce。あっという間に新一の橋交差点を渡ると、おもむろに標識を撮り始めるKOOさん。


道路標識でDJ風に言ってみた! 
Say! Information!

DJ.KOO 散歩 写真撮影

「考え事をしながら歩くこともあるけど、基本は流れる風景に身を任せていますね。5年前の手術直後は、思うように口が開かなくなって。リハビリがてら、散歩中に看板とか標識を見かけると…『Hey! Minato-ku Information!』」と、突如始まるDJタイム。スタッフ一同ブチ上がり拍手喝采! 
「これもSNSにあげたりしてね。でも一人でやってるとただのヤバい人。やっぱりこれも娘と一緒だからできるんです」


こんにちは〜。何焼いてます?

DJ.KOO  散歩 アイスクリーム屋

 柑橘の樹に足を止めたり、植え込みの花を写真に収めたり。デリカテッセンの屋台から漂うおいしそうなソーセージの香りに誘われたり。気ままに歩いてるだけと思えば、ガソリンスタンドの店員さんに「お疲れさまです♪」と声をかけたり、すれ違う人にもスマートに会釈したり、keep on smilin'walking。
「僕、とりあえず他人と目が合ったら挨拶するタイプなんです。あ、手を振ってくれてるなあと思って振り返したら、ただ団扇であおいでる人だったことも(笑)」
 そうこうしてるうちに散歩も中盤。東京タワーが映える赤羽橋交差点に到着。


道中の社で足を止めてご挨拶

DJ.KOO 神社でお参り 散歩

「ここで『東京タワー来た!』って思うのはまだ早いです(笑)」とニヤリ。ここから東京タワーへは2way。お気に入りは緑豊かな“増上寺コース”だと言う。
「この道は、特に春と夏が好きですね。生き生きと緑が深まって、花も咲き乱れる。都内でこれだけ自然が多いのも素敵だし、夏は歩道に枝が伸びてきて緑のアーチができる。そこをくぐりながら歩くのもまた風情があっていいものです」


娘の成人祝いココでやりました

DJ.KOO とうふ屋うかい 散歩

 いよいよ東京タワーが眼前に。坂の途中にある「とうふ屋うかい」は、家族行事でたびたび訪れる、行きつけの店。
「わが家は家族行事をしょっちゅう行ってるんです。サプライズでプレゼントし合うんですが、普段から家族の欲しそうなものを皆ちゃんと見てるんだとわかるのがうれしい。僕が普段着てる洋服もほぼ家族からのプレゼントなんです」


Yeah! DJ KOOのARUKUOMOサイKOO!

散歩 DJ.KOO 東京タワー

 遊歩道を抜けたら目的地着。即、「ここがいちばんタワーがよく映えるんです」と定番の映えスポットで記念撮影。お気に入りはほぼ真下からのあおり。
「同じ東京タワーでも夜はライトアップされていたり、瞬間ごとに違う素敵さがあります。今日は今日で素晴らしい」 
 ふと気づいたことがある。すれ違う人、立ち寄ったお店の人、皆がニコニコ顔になる。健康のため、自分のために歩いているようで、歩くそばから道行く人を沸かす男。そう、DJ KOOは、散歩中も最高のエンターテイナーなのだ。


DJ KOO DJ/ミュージシャン
CSで「DJ KOOのココDO KOO!?」と冠した番組を持つ散歩ガチ勢。スケッチャーズのスニーカーが最近のお供。



Photos:Ryuta Seki 
Hair&Make-up:Katsumi Tabata 
Stylist:Kumiko Nihei 
Model:DJ KOO 
Text:Atsuko Watanabe
Movie direcotor:Maiko Tsubusaki
Videographer:Noriyuki Fukumoto