釣りにくいギアでも続ける。
楽しみは機能だけじゃない

久戸瀬崇裕さん (37歳/TEENY RANCH 代表)

久戸瀬崇裕さん
(37歳/TEENY RANCH 代表)

釣り歴
バス釣り27年
スポット
千葉や茨城のダム、多摩川

バス釣りの中でもルアーを水面に落とすトップウォーターを好む。水面でバスがアタックする瞬間を見られるのが魅力だ。


20年前、現行品をすべて手放し
ヴィンテージ釣り具の沼へダイブ!

 久戸瀬さんが釣りを始めたのは、少年漫画『グランダー武蔵』の影響から。’90年代後半にムーブメントを巻き起こしたその漫画を読んだ小学生は皆、釣りに熱中したという。久戸瀬少年も、そこからバス釣りにどんどんのめり込んでいった。
「今もそうですが、バス釣りの中でもトップウォーター(水面および浅い水中での釣り)にこだわっています。それは、中学1年生のときに、バス釣りのバイブルとうたわれるムック本『トップにこだわる男たち』を読んだことがきっかけ。その刺激的な内容とスタイルの格好よさに影響されて、トップウォーターの釣りやヴィンテージのロッド、リールを使うことに傾倒していきました」
 日本のトップウォーターの歴史をつくった四天王と呼ばれる則弘祐さん、柏木重孝さん、山根英彦さんにバスプロの吉田幸二さんを加えた4名のオールドスクールなスタイルにとにかく心を奪われたという。
「彼らが使っていたのはグラス素材のロッド。現在はカーボン製ロッドが主流で、正直、手返しも悪く扱いにくいですが、それが味。名竿といわれるロッドにはグラスロッドが多いんです。ヘドンのヴィンテージルアー(左写真)もぬた~っとした動きが基本で、相性は抜群。それにアブガルシアのヴィンテージリールを合わせるのが最強の“タックル”だと思っています」
 ヴィンテージギアの機能性は、もちろん最新の素材や技術を使ったものには及ばない。が、そこには使いやすさとはまた別の、直しながら長く付き合う楽しみがある。


20年前、現行品をすべて手放し ヴィンテージ釣り具の沼へダイブ!

1’80年代に作られ、今も名竿と名高いUFMウエダのスーパーパルサー

2’09年製と比較的新しいブライトリバーのビキニ

3柏木重孝氏が’90年代初頭に作ったズイールのチマチマ5


トップウォーター用のヘドンのヴィンテージルアー。

A金型が進化した’70年代のルアーは一見似ていても動きが違う

Bプラスチックに変わり、耐久性が上がった’60年代のルアー

トップウォーター用のヘドンのヴィンテージルアー。’50年代はルアーの素材としてセルロイドが使われていたため、現存するモデルはセルロイドが溶け、状態が悪いものも少なくない。よって久戸瀬さんは’60年代~’70年代のものが中心。


'88年製のアブガルシア「3500C」のリール

’88年製のアブガルシア「3500C」のリール。中央に埋め込まれた、スウェーデン王室御用達のクレストマークが目をひく。

’84年製のアブガルシア「2500C」

’84年製のアブガルシア「2500C」は、この年代のモデルにしか見られない、ブランドの旧呼称“アンバサダー”のプレートがついているのがポイント。



Photos:Natsumi Kakuto 
Text: Yasuyuki Ushijima