マイ包丁をゲットしてから
魚をさばいて食べるのが日常に

海瀬 亮さん  (45歳/urself/NICATA ディレクター)

海瀬 亮さん
(45歳/urself/NICATA ディレクター)

釣り歴
海釣り約15年
スポット
茅ヶ崎、大磯

朝、コンビニに出かける感覚で海へ行き、旬の魚を釣って食べる。自分たちが食べるぶんだけキープして持ち帰るのが基本。


獲った魚を食卓に並べるまでが俺の釣り!

 父と兄弟の影響で、幼稚園児の頃からサビキ釣りや投げ釣りに親しんでいた海瀬さん。多少のブランクを経て、釣りを再開したのは結婚した30歳の頃。義父も釣りが趣味だったことで意気投合し、包丁セットをプレゼントされたことをきっかけに、本格的に釣った魚をさばくようになった。
「マイ包丁を持つとがぜんやる気が出て、自分が釣った魚を自分でさばくようになりました。旬の魚がわかるようになって、それを自分で狙えるのが醍醐味。冬ならブリ系の魚に脂がのっているし、今の時期はサヨリがおいしい。旬の魚を料理したSNSの投稿などを見て、『こんな食べ方もあるのか』と参考にしています。魚は頭や骨もアラとしてだしに使えるので、本当に捨てるところがないんですよ」
 魚好きが高じて、海瀬さんは無添加無塩だしブランド“NICATA”のディレクターも務めている。
「元禄の時代に沼津で創業した老舗・秋又水産の跡取り息子が幼馴染みという縁もあり、鰹節の卸しブランドをスタートさせました。真水で煮上げることで無塩の鰹節を実現。自分がアウトドア好きなので、キャンプでも使えるよう手軽なだしパックにしました。このパックで自家製のだし醬油をつくり、それを釣った魚の料理に使うのは最高の贅沢ですね」
 茅ヶ崎の住人が、朝、サーフィンへ行くように、海瀬さんは近くの海へ釣りに出かける。それがルーティンになっているとはなんともうらやましい!


真鯛が丸ごと入った、
キャンプでも喜ばれるアクアパッツァ

真鯛

キャンプでもよく作るアクアパッツァ。「小ぶりの真鯛だったので、一匹丸ごと入れました。だしがしっかり出ておいしかったです」。 

真鯛が丸ごと入った、キャンプでも喜ばれるアクアパッツァ

ワラサは切り身になるまでさばき、
新鮮な刺身で堪能する

ワラサ

「刺身はあまり得意じゃないのですが、ワラサは脂がのっているので結構イケました」。 

ワラサは切り身になるまでさばき、新鮮な刺身で堪能する

カサゴが入ったスンドゥブチゲは、
ホロホロの身が美味!

カサゴ

スンドゥブチゲはアサリでだしをとるのがポイントだが、カサゴを入れることで魚の旨味もプラス。煮込むことで身もホロホロになる。 

カサゴが入ったスンドゥブチゲは、ホロホロの身が美味!

ヒラメは切り身を特製ラー油に
漬け込みどんぶりに

ヒラメ

ヒラメは淡泊さがウリだが、あえてキムチ専門店特製のラー油に漬け込んでユッケ丼に。「刺身としゃぶしゃぶ、雑炊にもしました」。  

ヒラメは切り身を特製ラー油に漬け込みどんぶりに

太刀魚は大根と一緒に煮込んで
豚汁風の味噌汁で食べる

太刀魚

隣人にもらった大根と一緒に、太刀魚をぶつ切りにして、豚汁風の味噌汁を作る。「魚のだしがしっかりきいて身体にしみます」。  

太刀魚は大根と一緒に煮込んで豚汁風の味噌汁で食べる

Photos:Akira Kaise 
Text: Yasuyuki Ushijima