コンパクトなボディに様々な工夫を満載

アウトドアで自然に囲まれながら飲むコーヒーは格別の美味しさだ。ましてや、挽きたて、淹れたてであればなおさら。そんな美味しいコーヒーを飲むことが目的でアウトドアに赴くキャンパーにぜひ試してもらいたいのが、新たに発売されたハンドコーヒーミル、ゼブランだ。


ゼブランは、「キャンプの楽しみを、もうひとつ持って行こう」をテーマに、アウトドアコーヒーの新たな体験を提供すべく開発されたコーヒーギア。コンパクトなボディにコーヒーを美味しくするための工夫がたくさん詰まっている。大きな特徴は、セラミック製の臼。金属臭が移らないため、ピュアな風味のコーヒーを楽しめる。



ボディを取り巻くバンドにハンドルを収納できるのでコンパクトに持ち運べるのも荷物をなるべく減らしたいキャンパーにとってはありがたい。ツマミを回すだけで粗さを調整できるので挽き方にこだわりのある人も安心だ。さらに、使った後は、分解して隅々まで洗えるので、常にクリーンな状態で使えるのも嬉しいところ。


豆を挽く時の音や香りだけでなく、透明なボディを通して、豆が挽かれる様子を目で見て楽しめるのも魅力。ゼブランを手に入れて、アウトドアコーヒーライフをもっと充実させよう。



ハンドコーヒーミル Zebrang
価格:¥4,950
サイズ:W150×D53×H190×Φ46mm




ブランドサイト https://zebrang.hariocorp.co.jp/

Text:Tetsu Takasuka