国産の木材を有効利用した家具

家にいる時間が長くなった分、家具へのこだわりが増したという人も多いはず。実際、家具をひとつ加えるだけで、暮らしがグッと便利になったり、部屋の印象がガラリと変わるもの。「D&DEPARTMENT」と「東京チェンソーズ」が協力して作り出した新作もそんな良質な家具だ。


「D&DEPARTMENT」は2000年にデザイナーのナガオカケンメイによって創設され、「ロングライフデザイン」をテーマに、上質な家具や生活道具を提案しているコンセプトショップ。一方、「東京チェンソーズ」は東京都檜原村を拠点に、枝や葉、曲がり材、根株など一般的には流通しない木材の“まるごと素材”を建築や日用品に生かす活動を行なっている。


今回の2つの新作でも「東京チェンソーズ」が手がけた木材を使用し、上質な家具に生まれ変わらせている。1点はコーナーシェルフ。ちょうど良いコンパクトなサイズ感が魅力で、キッチンやリビングなど様々な場所の隙間にフィットして、本棚やワインボトル入れ、サイドテーブルなどとして活躍してくれる。



CORNER SHELF
価格:¥28,600
サイズ:W600mm×D200mm×H530mm
組み立て式のパーツをバラして上下を組み替えると、ソファ横のサイドテーブルとしても活用できる。未塗装の国産杉を使用しており、軽量で移動も楽ちんなうえ、経年変化も楽しめる。


コンパクトサイズのテーブルでバルコニーが楽しく!

もう1点は、公園などで見かけるベンチテーブルを小さなバルコニーでも使えるように小さくアレンジしたバルコニーテーブル。二人で向かい合って食事をしたりするのにちょうどいい大きさで、バルコニーを有効活用したいと思っている人にはぴったりだ。



BALCONY TABLE
価格:¥66,000
サイズ:W1475mm×D600mm×H700mm
テーブル幅60cmなので、狭めのバルコニーでも使用可能。国産のサワラ材を使用しており、水に強く軽量だ。外で使っていると、日焼けや雨によりグレーに美しく経年変化していく。


どちらも家時間を充実させたい人にはぴったり。家で過ごす休日がもっと楽しくなるはずだ。





Text:TetsuTakasuka