2019年10月31日(木)、横浜・新港地区にオープンした複合施設「横浜ハンマーヘッド」。客船ターミナル施設(CIQ施設)を中核に、食がテーマの「ハンマーヘッド ショップ&レストラン」、海を間近に感じる滞在型リゾート「インターコンチネンタル横浜 Pier 8」からなる。

photo
photo
photo
photo
photo
prevnext

商業施設1階は、港の待合場を思わせるオーシャンバーと、札幌や博多など人気のラーメン店5店が一堂に会した250席を有するフードホールを中心に、台湾発の人気ティーストアTHE ALLEY(ジ アレイ)やスターバックス コーヒーなど気軽に利用できる飲食店が軒を連ねる。2階にも多くのカフェ&レストラン、ショップが出店するが、横浜で人気のチョコレートブランドVANILLABEANS(バニラビーンズ)初のカカオ焙煎所や、アーティストやDJのパフォーマンスなど様々なエンターテイメントを提供するBayside Motion(ベイサイド モーション)は特に大人が楽しめそう。

そしてイチ推しレストランは、サーモン、ストーンクラブ、オイスターなど世界中から集められたシーフードをメインに、肉・野菜のグリル、ハンバーガーやサンドイッチ、スープなど様々な“ニューアメリカン料理”が味わえる「QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)」だ。

     

アーノルドホルスタイン社の蒸留機を使ったクラフトジンやオリジナルのクラフトビール、オランダ・ギーセン社の大型機で自家焙煎されたコーヒーなどドリンクにも並々ならぬこだわりが。世界の著名ワイナリーが手がけるエクスクルーシブなワインも勢揃い。埠頭に着岸する豪華客船を眺めつつ、美味しいシーフードとお酒に舌鼓を打つなんて優雅な休日を過ごせそう。目指すは“ヨコハマの大人達の集合場所”。パートナーと、そして家族でも是非訪れてみては。


photo
photo
prevnext

横浜ハンマーヘッドの少し奥に位置する、海を間近に感じる新しい滞在型リゾートホテルが「インターコンチネンタル横浜 Pier 8」

     

客室は全室45㎡以上の広さを誇るゆとりのある造り。大きく開いた窓からは横浜港を一望できる「ベイビュー」や横浜のパノラミックな街並みが広がる「シティビュー」、中庭の美しい緑と青空のコントラストが映える「ガーデンサイド」などの景観が楽しめる。宿泊ゲスト専用のルーフトップからの、海を全身で体感できる絶景も最高だ。

photo
photo
photo
prevnext

潮風そよぐテラスも併設されたレストラン&バーでブランチを楽しんだり、発祥の地・横浜ならではの“洋食”をテーマに地産地消の食材を取り入れたメニューをディナーで堪能するなど、思い思いのスタイルでリゾートステイを体感できる。さらに対岸・みなとみらい地区の「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」とは専用の船で送迎も提供される。

秋の休日は、食事も宿泊も様々な大人の楽しみ方ができる新名所・横浜ハンマーヘッドへ是非出かけてみては。


横浜ハンマーヘッド
神奈川県横浜市中区新港2-14-1 新港ふ頭客船ターミナル
https://www.hammerhead.co.jp/

QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)
営業時間:11時〜23時
TEL:045-900-0310
https://www.huge.co.jp/restaurant/new-american/quayspacificgrill

インターコンチネンタル横浜 Pier 8
TEL:045-307-1111(ホテル代表)
www.icyokohama-pier8.com


SHARE