今月のあの人

事務所を引っ越して以来、近所なので

お世話になっています。日に二度行っても飽きない

山本雄生さん/フォトグラファー
UOMOをはじめ、雑誌やカタログなどで活躍。「そばはもちろん、実はラーメンもうまい。ざるラーメンはメニューには書かれていないが常連でなくともオーダーできます」。


撮影・文・食/平野太呂

第12回三宿
そば処 ほていやの
ざるラーメン。

三宿_そば処 ほていやの_ラーメン

街をまるごと堪能せよ

 生まれてこの方、東京に住んでいるのに、行ったことのない商店街が山ほどある。三軒茶屋と三宿の間にポツポツとお店があって、道が蛇行しているのは頭の片隅にはあったけど、こうして歩くのは初めてかもしれない。蛇行している、遊歩道がある等は大抵の場合かつてはそこに川があった証拠だ。河岸に街を形成するのが人間の性分。大正14年創業「ほていや」がある下の谷商店街もかつては人がそぞろ歩くにぎやかな通りだったようだ。関東大震災後に下町の人間が流れてきたということもあって、東京の下町の雰囲気がもち込まれた貴重な商店街。



 暖簾をくぐり、注文するのは「ざるラーメン」。蕎麦屋なのにラーメン? フォトグラファーの山本くんのおすすめなので仕方ない。お客さんの要望だったり、まかないが正式メニューになることもあるようだ。この辺りも変にこだわりがなく、ニュートラルな庶民派である。蕎麦に代わって鎮座する中華麺を温かいスープにつける、つけ麺スタイル。細切りにされたチャーシューや野菜が絡んでうまい。夏でもさっぱりと食べられる。かつてこの辺りがごった返していた頃のにぎやかな商店街を想像しながらいただく。気分は昭和初期。それにしても山本くん、この店を教えてくれるとは相当な庶民派フォトグラファーと見た。気が合いそうじゃないか。


そば処 ほていや
アットホームな空気とバリエーション豊富なメニューで、地元の常連たちに愛され続ける三宿の名店。昼時は満席になることもしばしば。「ざるラーメン」は¥800。

東京都世田谷区太子堂2の32の3
TEL:03(3413)5701 
営業時間:11時30分~15時(14時15分L.O.)、17時30分~20時30分(20時15分L.O.)
火曜、第2・第4水曜休み


Taro Hirano
カルチャー誌やファッション誌などで活躍。主な著書に『POOL』(リトルモア)、『ボクと先輩』(晶文社)など。



Title Design:Yu Miyama

SERIES

「行きつけで、いつもの。」の記事一覧

三宿・そば処 ほていやのざるラーメン【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。|第12回 】

代官山・とんかつ奥三河のみそかつ定食。【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。|第11回 】

経堂・鉄板焼肉 大当たりの焼肉一人前。【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。|第10回 】

永田町・赤坂 四川飯店の陳マーボードウフのランチセット【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。|第9回 】

【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。】第8回・西條 賢さん(レアジェム主宰)/幡ヶ谷・トヨダチーズステーキのチーズステーキ

【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。】第7回・片貝俊さん(スタイリスト)/ゴールドラッシュ 渋谷本店のゴールドラッシュハンバーグ

【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。】第五回・齊藤輝彦さん(アヒルストア)/中目黒「ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ」のマリナーラとスプマンテ

【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。】第四回・青柳徳郎さん(ネペンテス ディレクター)/早稲田「メルシー」のラーメンに生卵を入れて、ドライカレーを一緒に。

【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。】第三回・大根 仁さん(演出家・映画監督)/「鶏舎」の五目ウマニソバ

【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。】第二回・永積 崇さん(ハナレグミ)/「定食あさひ」のロースとんかつ

【「あの人」の定番メシを訪ねる。行きつけで、いつもの。】第一回・戌井昭人さん/「ファミリー」のたぬきそば