パジャマシャツ、もう寝間着じゃない

朝に必要なのはウマいメシと明るい色!

起き抜けにモーニング。ブルックス ブラザーズのクリーンな正統派パジャマなら部屋着としても十分通用。肩掛けしたのは、コットンカシミヤの糸にシルクをブレンドした、キャバンのカーディガン。ヴィヴィッドな発色が楽しい朝食の時間に華を添える。カーディガン¥34,000/キャバン(キャバン 代官山店) パジャマ¥13,000(セット価格)/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン) Tシャツ(3枚パック)¥2,200(参考価格)/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)


ジャージーに短パンのテキトー感がちょうどいい

宅トレだからってオシャレに手を抜かない

ジム通い同様、宅トレでもオシャレに気を配りたい。ガチな機能性より見た目重視。ジャージーはニードルズの定番人気のもので、マイナーチェンジされているポリエステル素材トラックジャケット。ダブルジップで動きやすいのもポイント。短パンに足元はカラースニーカーで遊んでも。トラックジャケット¥26,000/ニードルズ(ネペンテス) Tシャツ¥9,800/コモリ(ワグ インク) ショーツ¥15,000/デサント ポーズ(デサント ブラン 代官山) ソックス¥2,800/フィルメランジェ スニーカー¥16,000/アシックス(アシックスジャパン お客様相談室)


オーバーオールをファッションとして取り入れる

植物も笑顔、俺も笑顔

バルコニーで趣味の植物に水やり。どうせなら動きやすいからってだけじゃなく、おうち時間を楽しむファッションとしてオーバーオールを着てみたい。ウェルダーのオーバーオールは、しなやかな超長綿を高密度で織っているため柔らかさと張り感を同時にキープ。上からボタンや留め具のないモダンな仕立てのカーディガンをはおって。麻のようなドライタッチのサマーニットだから重ねても涼しい。カーディガン¥35,000/フィルメランジェ オーバーオール¥38,000・Tシャツ¥8,000/ウェルダー ニットキャップ¥8,600/カムズアンドゴーズ(alpha PR)


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Model:Kenichi Takitoh
Photos:Kenta Sawada
Hair&Make-up:Keisuke Sakai[MARVEE]
Stylist:Toshihiro Oku