「こんなカラーリングがあったんだ」
LOEWEのフリースプルオーバー

オクトシヒロさん(スタイリスト)
このタイミングでもう一枚ワードローブにフリースを追加投入。今回はアウトドアブランドではなくハイブランドで探していたのですが、昨年スタートしたロエベの新ライン、アイ ロエベ ネイチャーで見つけました。大胆なカラーリングがいい意味でらしくない。面白いです。¥159,000/ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)



「レイヤードのアクセントに」
AURALEEのブルゾン

力石恒元さん(エディター)
重ね着が多くなるこの時期。着こなしに変化を演出したくて素材でコントラストをつけることが多いのですが、このラミネート素材はまさに適任。人工的な光沢感とオーラリー特有の爽やかな色が相まって、コーディネートに新鮮味を足してくれそうです。まずはブルーのワントーンから試してみようかなと。¥60,000/オーラリー



「洋服でもルーマーの上質さに惹かれました」
loomerのシャツ

中林龍平(UOMO編集部)
ルーマーはブランケットやルームウェアのイメージが強かったのでイージーな洋服が多いと思っていたのですが…僕の勘違い。特にこのシャツなんかは本当に仕立てがよくて、適度にゆとりのあるシルエットもすごく今の気分。当然素材は上質で、そのおかげもあってかネイビーの発色もすごくきれいです。¥23,000/ルーマー(alpha PR)



「クリース入りのスラックスを買ったので」
Richardsonのスウェット

行方 淳さん(エディター)
ワードローブにある冬のトップスをあらためて見返したら無地ばかり。最近買ったクリース入りのスラックスにそれだとコンサバすぎるなと思い、それとは対照的なストリートなノリのビッグシルエットスウェットを購入です。肉厚な生地と’90年代を匂わせる感じがなんかツボ。¥18,900/リチャードソン(ボンジュール レコード 代官山店)



「白スニは、こんな感じが今の気分」
VANSのオーセンティック

池田 誠(UOMO副編集長)
きっかけはクリスタセヤのウェブサイトで見たルックの写真。モデルが多分これと同じヴァンズを履いていて、それがすごく格好よかったんです。同じ白スニでもキャンバスだからレザーとは違う軽さがあるのがいいところ。グレーのウールのソックスを合わせて、ちょっと野暮ったく履いてます。¥5,500/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン)



「絶妙な品のよさが漂います」
LOEFFのハーフジップスウェット

豊島 猛さん(スタイリスト)
今季からスタートした新ブランド。女性が作るメンズ服だけあって、どことなく丸みのあるシルエットが印象的。シンプルだけど独特なニュアンスのある仕上がりがいい感じです。スウェットでありながら上品さが漂うのも魅力。ニットを着るフィーリングで着たいですね。¥27,000/ロエフ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)



「どうも毒っ気が欲しくなってしまって」
NEEDLESのコーチジャケット

片貝 俊さん(スタイリスト)
ここ数年毒っ気のある柄物がどうも気になっていて、ヒョウ柄やトラ柄を去年は買ったのですが今年はこれ。初のヘビ柄です。なんでしょう…ヒョウ柄にたどりつくおばさまの気持ちがわかってきたと言いますか、毒づいたものをシンプルなスタイリングにバシッと織り交ぜていく感じが気分です。¥34,000/ニードルズ(ネペンテス)



「理想的な時計を色違いで揃えてみた」
JUNGHANSの時計

秋山貴紀さん(スタイリスト)
これの黒文字盤を持っていたのですが先日落としてしまい現在修理中。それをきっかけにもう一本購入してしまいました。サイズ、ミニマルさ、価格などすべてが理想的でこれ以外の選択肢が今のところない。黒はモードっぽい着こなしに、白はシックな着こなしにと使い分ける予定。¥145,000/ユンハンス(ユーロパッション)


alpha PR TEL:03-5413-3546
ヴァンズ ジャパン TEL:03-3476-5624
オーラリー TEL:03-6427-7141
ネペンテス TEL:03-3400-7227
ボンジュール レコード 代官山店 TEL:03-5458-6020
ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL:03-3479-8180
ユーロパッション TEL:03-5295-0411
ロエベ ジャパン クライアントサービス TEL:03-6215-6116

Photos:Yuichi Sugita(Still)
Stylist:Yoshiki Araki[The VOICE]
Composition&Text:Jun Namekata[The VOICE]