01:GUCCI|SHOES

グッチ_ダブルベルトが新鮮な新作ローファー
グッチ_ローファー_ダブルバックル

¥155,100/グッチ クライアントサービス TEL:0120-99-2177

ダブルベルトが新鮮な新作ローファー

バリエーション豊富にローファーをラインナップするグッチ。ダークブラウン レザーとGGスプリーム キャンバスのアッパーに、ダブルバックルが新鮮なニューデザインが2024CRUISEで登場。ハイブリッドなルックスながら、ベージュ&エボニーとブラウンでシックかつエレガントな一足に。


正統派のスーツにも、カジュアルなジーンズにもなじんで、かつモダンに見えるのはメゾンのシューズのなせる業。よりソリッドに見えるブラックレザーバージョンの展開もあり。


02:GUCCI|SNEAKER

グッチ_GGスプリーム キャンパスのローカットスニーカー
グッチ_GGスプリーム キャンパスのローカットスニーカー_チャンキーソール_02 グッチ_GGスプリーム キャンパスのローカットスニーカー_チャンキーソール

¥115,500/グッチ クライアントサービス TEL:0120-99-2177

コートシューズをチャンキーソールで

ストリートカルチャーからインスピレーションを受けたGGスプリーム キャンパスのローカットスニーカー。通常のベージュ&エボニーを反転させた配色が新鮮だ。ブラックレザーのトリミングでアッパーはダークトーンながら、ボリューミーなチャンキーソールはホワイトでなくグレー系カラーでなじませた。


ヒールにはインターロッキングGプリント、ソール部分にもGUCCIのエンボスが施されているが、全体的にはシックな印象。クラシックなコーディネートにも合わせやすい、大人っぽいルックスに心が動く。



03:GUCCI|BOOTS

グッチ_ジョッパーブーツ_ラウンド インターロッキングG バックル01 グッチ_ジョッパーブーツ_ラウンド インターロッキングG バックル02

¥217,800/グッチ クライアントサービス TEL:0120-99-2177

注目のジョッパーブーツをグッチ流に

旬のジャケットやロングコートに合わせる靴として、この冬はショートブーツが最有力。履きやすいサイドゴアやチャッカではなく、オーセンティックなムードが欲しいと思っているなら、ストラップ使いがエレガントなジョッパーブーツがおすすめだ。


グッチのアンクルブーツは、ストラップにラウンド インターロッキングG バックルがあしらわれているのが特徴。アーモンドトウの美しいシェイプは万能で、ドレッシーな服装だけでなく、カジュアルコーディネートの格上げにも活躍してくれる。



04:COMME des GARÇONS HOMME|VIBA Leather Slip-on

コム デ ギャルソン・オム_VIBA_スリッポン

¥42,900/コム デ ギャルソン TEL:03-3486-7611

コンフォートシューズブランドへの別注

VIBAは環境に優しく人間工学に基づいたモノ作りで脚光を浴びる、フィンランドの新進コンフォートシューズブランド。このクロッグスタイルのレザースリッポンは、ブランドのアイコニックなモデルROMAにCdGHの同色刺繍をあしらった別注だ。


独自開発の取り外し可能なCarbon Step™ インソールが、虜になる履き心地を実現。ソールにプリントされているようにフィンランドでデザインされ、ポルトガルの工場にてハンドメイドで作られている。黒とベージュの2色展開。


05:COMME des GARÇONS HOMME|Nylon Sandals

コム デ ギャルソン・オム_スポーツサンダル

¥34,100/コム デ ギャルソン TEL:03-3486-7611

ネオプレーンとのコンビで履き心地も最高

オリジナルのナイロンベルト仕様のスポーツサンダル。一見シンプルな2ストラップのサンダルかと思いきや、甲部分をカバーするネオプレーンのあしらいが。アンクル部分にもネオプレーンが配され、テックな見た目だけでなく高機能だ。


ヒールバンドの背面にラバーのブランドロゴが入っているが、全体的にアノニマスな雰囲気で合わせる服を選ばない。黒とグレーの2色展開。



06:LOEWE|FOLIO SLIPPER

ロエベ_カーフスキンのスリッパ_オブリークトウ_01 ロエベ_カーフスキンのスリッパ_オブリークトウ_02

¥117,700 ※1月初旬発売/ロエベ ジャパン クライアントサービス TEL:03-6215-6116

履き心地も最高のレザースリッポン

ロエベらしいオブリークトウのフォルムの、軽量なカーフスキンのスリッパ。薄底だがクッショニングがしっかりとしていて、スリッポンとして活用できる。アッパーにはロゴがないアノニマスなデザインは、合わせる服を選ばない。


かっちりとしたコーディネートに合せればエフォートレスさが演出できて、カジュアルなスタイリングにはエレガントな雰囲気をまとわせてくれる。冬はソックスで遊んで、春からは素足で履いても気持ちいい。






Lead text:Tetsu Takasuka