1Tied-up

タイドアップで
クラシック気分を強化する

ビッグシャツに小紋柄タイでメリハリをつける

ビッグシャツに小紋柄タイでメリハリをつける

クラシカルなムードに気持ちが傾いているこの冬。積極的にタイを活用して、着こなしのイメージを一新したい。王道のシャツとタイの着こなしは、バランスを崩すことで、カジュアルに楽しめる。ネイビーのチェックシャツは、いつもより1〜2サイズアップして少しルーズなほどビッグに。タイはソリッドではなく、あえて小紋柄でシックなニュアンスをプラス。この緩急のついた組み合わせが新感覚だ。

タイ¥19,800/フラテッリ ルイージ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) シャツ¥44,000/マービンポンティアック シャツ メーカーズ(オーバーリバー) Tシャツ¥17,600・手に持ったコート¥352,000/エイトン(エイトン青山) パンツ¥36,300/リノ(グッドスタンディング) シューズ¥19,800/アディダス(アディダスお客様窓口)


冬のダークトーンにさりげない変化をつける

冬のダークトーンにさりげない変化をつける

お馴染みのダークトーンの装いは、同系色のタイを差すことで変化が生まれる。褪せたオリーブ色のコートに、チャコールのシャツとスラックスを重ねた武骨な着こなしを、淡いグレーのタイを締めてハズしてみよう。

タイ¥9,900・シャツ¥41,800/エンジニアド ガーメンツ コート¥96,800/ジョン パートリッジ(ジャーナル スタンダード 表参道) ベスト¥36,200/エスケーマナーヒル・アームウォーマー¥3,630/リスティーズ(ともにスティーブン アラン フタコタマガワ) パンツ¥68,200/グルメジーンズ(オーバーリバー) メガネ¥80,300/10 アイヴァン(アイヴァン PR) ブーツ¥31,900/ブランドストーン(シードコーポレーション)

現代的なトラッドにペイズリー柄のタイを

現代的なトラッドにペイズリー柄のタイを

思い切ってペイズリー柄のタイにフェアアイルニットを合わせ、とことん渋く仕上げてみるのもいい。ただ、インのシャツはリネンのブルーストライプにして、ほんのり清涼感をプラスするのがポイント。ジャケットの代わりにモダナイズされたフライトジャケット「A-2」を選べば、ほっこりした印象になりすぎない。

タイ¥20,350/アルクーリ(スティーブン アラン シンジュク) ジャケット¥242,000/アヴィレックス 7522(スティーブン アラン フタコタマガワ) ベスト¥46,200/ノア(ノア クラブハウス) シャツ¥121,000/ナイスネス(イーライト) パンツ¥41,800/イレーヴ リング/本人私物



2Duffel Coat×Western Shirt

大人のダッフルコートには
ウエスタンシャツが効く

かわいいムードがデニムシャツの武骨さで締まる

かわいいムードがデニムシャツの武骨さで締まる

かわいげのあるダッフルコートは、ウエスタンシャツとベルトを投入するだけで、大人っぽく引き締まる。中肉のメルトン生地を使った、ふっくらとしたコートのゆるさとデニムシャツの土くささが意外にも好相性なのだ。イギリスとアメリカ、それぞれのカルチャーが絶妙にミックスされた新鮮なコーディネートが完成。

コート¥74,800/モンゴメリー(スティーブン アラン フタコタマガワ) シャツ¥35,200/リパーパス(レショップ 青山店) ベスト¥26,400/カーハート WIP(カーハート WIP ストア トーキョー) パンツ¥47,300/ブラームス(ワンダリズム) 帽子¥19,800/キジマタカユキ(ビショップ) ベルト/スタイリスト私物


3Slacks×Basketball Shoes

渋いスラックスにはバッシュを

渋い着こなしがハイテクな足元で一新 1
渋い着こなしがハイテクな足元で一新 2

渋い着こなしがハイテクな足元で一新

スラックスのカジュアルダウンは、ローテクのテニスシューズやフットボールシューズが主流だった。そこから一歩進めて、ボリュームのあるバスケットボールシューズをきかせたい。グレーのスラックスに、ナイキの「エア フライト ハラチ」を合わせクッションをためて、ストリート感とテック感をプラス。ブラウンで馴染ませて。

シューズ¥17,600/ナイキ スポーツウェア(NIKE カスタマーサービス) パンツ¥49,500/シオタ× J.プレス(シオタ) ブルゾン¥90,260/オーラリー 肩に掛けたニット¥15,400・グローブ¥9,680/エルマー(ビームス プラス 原宿) ソックス/スタイリスト私物



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Ryosuke Hoshina
Hair&Make-up:Taro Yoshida[W]
Stylist:So Matsukawa
Models:Atsushi Ogata Taichi Kodama Ryusei Isoda
Text:Hisamoto Chikaraishi[S/T/D/Y]