ノンネイティブのライダースジャケット

nonnativeのライダースジャケット

ライダースはシングル&シンプルがいちばん

一周回って久々に着たい、あるいは今年こそ挑戦してみたい。いつの時代も密かに男心をくすぐってやまないのがレザーのライダース。武骨さが出てしまうダブルより、潔くミニマルに見えるシングルタイプのほうが断然着回しやすい。よりディテールが削ぎ落とされたノンネイティブのカウレザージャケットならスラックスなどシックなパンツとの相性も抜群。ECCOレザー社が自社工場で水の使用量を極力抑えて生産しているという、サステナブルな高品質レザーを用いている点もポイント高い。¥148,800/ノンネイティブ(ベンダー)



ソフネット×ショットのシープスキンジャケット

SOPHNET.×Schottの
シープスキンジャケット

形がコーチジャケット、だからこその抜け感

ソフネットがレザーブランドの王道「ショット」とコラボレーションした一着は、軽くて柔らかなシープスキンで裏地がチェック柄にアレンジされている。ストリートライクなコーチジャケットに落とし込まれているので、キレイめのセットアップに合わせても適度にカジュアルダウンされていい。

ジャケット¥86,900/ソフネット×ショット(SOPH.) 中に着たジャケット¥50,600・パンツ¥24,200/Pt.Alfred ニット¥41,800/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)


ジュンヤ ワタナベ マンのスタジャン

JUNYA WATANABE MANのスタジャン

スタジャンこそ素材や柄で遊んでみる

ベーシックなデザインのスタジャンなら袖が厚みのあるレザーであってもハードに見える心配はないけど、やや無難。この冬は身頃にペンドルトンのネイティブ柄ウールが用いられたジュンヤ ワタナベ マンの一着くらい個性派を選んでみても遊びがきいて面白い。ユーズドデニムを合わせてクラシックなアメカジテイストに寄せつつ、全体をグレー基調のトーンにまとめると土くささが抑えられてバランスがいい。

スタジャン¥198,000/ジュンヤ ワタナベ マン(コム デ ギャルソン) ベスト¥35,200/バンブーシュート タートルネックカットソー¥14,300/サンスペル(サンスペル 表参道店) デニムパンツ¥21,780/アームズ クロージング ストア



イレーヴ×レショップのレザーパンツ

YLÈVE×L’ECHOPPEのレザーパンツ

今年のレザーパンツは、ワークテイスト一択

レショップがイレーヴにサイズ別注をかけたワイド&ハイウエストのレザーペインターパンツは、こげ茶のカラーリングも相まって野暮ったさとモダンさのバランスが絶妙。ショート丈のウールコートでパンツのシルエットを引き立てれば、着こなしの鮮度はさらに高まる。

パンツ¥93,500/イレーヴ×レショップ(レショップ 渋谷店) コート¥154,000/ルメール(スクワット/ルメール) ブーツ¥77,000/クロケット&ジョーンズ(シップス 渋谷店) その他/スタイリスト私物



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Mitsuo Okamoto 
Hair&Make-up:Shinya Kawamura[mod’s hair] 
Stylist:Junichi Nishimata
Models:Taiki Nomura Riku Tanaka 
Composition&Text:Kai Tokuhara