01:ザ・ノース・フェイス|ボルダーデイパック

¥15,400/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター TEL:0120-307-560


PCやタブレットなど、複数のモバイルデバイスを日常的に持ち歩くワーカーに教えたい! 緩衝材入りのスリーブを複数備え、本体にはA4サイズの蛇腹式スリーブを設けたバックパックが新登場。ロゴ刺しゅうだけのシンプルなデザインは、スーツやジャケパンにも合わせやすい。


荷物の出し入れがしやすい自立するボックス型で両サイドにポケット、左サイドには貴重品の収納に便利なファスナー付き隠しポケットも。軽量&高強度の600デニールリサイクルポリエステル素材、ショルダーハーネスも機能的構造と大荷物でも軽快に背負える。縦45×横33×マチ18cm。




02:ザ・ノース・フェイス|オールウェザー 4 ウィーラー

ザ・ノース・フェイス_オールウェザー 4 ウィーラー_トロリー

¥58,300/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター TEL:0120-307-560


ソフトタイプのウィーラーバッグが大人気のザ・ノース・フェイスから、ポリカーボネート素材を使用したブランド初のハードトロリーが登場。衝撃を緩和し、耐久性を高める格子状のデザインが、軍モノのキャリーケースのような雰囲気を醸し出す。米国運輸保安局より認可を受けたTSA LOCK採用で、アメリカへの渡航も安心だ。


ディバイダーとオーガナイザーを備えた収納しやすい内装、濡れた衣服などを分けて入れられる巾着バッグも付属し使い勝手もよし。キャンプなどにも応用しやすく、室内に置いてもスタイリッシュなデザインはさすが。縦76×横44.5×マチ32cm。



03:アークテリクス|ヒリアド 12 トート

¥8,800/アークテリクス カスタマーサポートセンター/アメア スポーツ ジャパン  https://arcteryx.jp


軽くて耐久性に優れた100デニールのリップストップ生地を使用したトートバッグ。フロントにファスナーポケット、内側にもメッシュポケットを備え、必要なものがすっきり収納できる。パッキングしやすい四角型で、仕事でも遊びでも使えるデザイン。写真のイエロー系Retreat(リトリート)は今季のシーズンカラー。秋冬の着こなしのアクセントにもぴったりだ。


ショルダーストラップが透湿性に優れたメッシュ仕様というのも気が利いている。PFCフリーDWR(過フッ素化合物不使用の耐久性撥水加工)が施されているから、多少の雨なら中のものが濡れずにすむのもありがたい。縦40×横40×マチ14cm(編集部調べ)。




04:L.L.ビーン|ボート・アンド・トート・バッグ(オープン・トップ)

¥9,790(Lサイズ)/L.L.Beanカスタマーサービスセンター TEL:0422-79-9131


1944年、氷を運ぶバッグとして当時のカタログで紹介されたのがL.L.ビーンのトートバッグの原点。「ボート・アンド・トート・バッグ」は1965年のカタログで再登場して以来、米国メイン州の自社工場でハンドメイドにこだわって作られている。


ボディには24オンスのコットン・キャンバスを使い、オーバーラップ部分は丈夫なナイロン糸でダブルステッチ仕上げ。自社のラボではXLサイズで約226kgの耐久テストにもクリアするほど頑丈で、縫い目が劣化したりほころんだりしにくい作りになっている。写真のモデル(Lawn Green)は今季の新色で、シーズンごとに限定発売するシーズナルカラーだ。



05:モンベル|トライパック 30

¥14,850/モンベル・カスタマー・サービス TEL:06-6536-5740


軽さと強度を兼ね備えた独自のバリスティックウルトラナイロンを使用した軽量バッグ。メイン収納はコの字型に大きく開き、蓋の裏やサイドにはメッシュポケットが配され、荷物を効率よく収納できる。バックパック、ショルダー、ハンドキャリーとシーンに合わせて3通りの持ち方が可能。


背面にパソコン用ポケット、フロントも複数のポケットがあり、底側には耐水圧の高い生地を裏地に使用した折り畳み傘専用ポケットも装備。よりビジネスに適したブラックとネイビーも展開。縦50×横33×マチ20cm。




Lead text:Tetsu Takasuka