リュニフォーム_マッキントッシュ_モデル

フレンチブランドらしいシンプルで洗練されたキャンバスバッグが人気のリュニフォーム(L/UNIFORM)。軽くて丈夫なキャンバス生地とフルグレインのカーフレザーのみで作られるタイムレスなデザインと、配色を自由にカスタムできる豊富なカラーバリエーションが特徴で、今年4月には藤原ヒロシ率いるフラグメントデザインと2014年のデビュー時以来となる二度目のコラボレーションが話題となった。

リュニフォーム_マッキントッシュ_キャンバス

上品な佇まいながら、日常使いを前提に作られたバッグは機能性と耐久性に優れ、サステナブルな加工により防汚性と撥水性を備えたキャンバス生地は洗濯も可能。多少の雨も汚れもなんのその、見かけによらずタフな作りとなっている。



手ぶら派に嬉しい小ぶりなサッチェルバッグから大きなトラベルバッグまで、大小あらゆるタイプのバッグを展開し、2020年にはインテリアやアウトドアグッズなどのライフスタイルシリーズもスタート。コレクションの幅を広げている。

リュニフォーム_マッキントッシュ_サッチェルバッグ_ペールブルー リュニフォーム_マッキントッシュ_サッチェルバッグ_オリーブ_ペールブルー

スモールサッチェル No.43 幅29 x 高さ23 x 奥行き8 cm ¥93,500


そんなリュニフォームが今回タッグを組んだのは、名作ステンカラーコート「ダンケルド」をはじめ、防水のゴム引きコートで知られる1824年創業の英国の老舗アウターウェアブランド マッキントッシュ(MACKINTOSH)。4型のベストセラーバッグをアレンジしたコラボバッグが発売される。

リュニフォーム_マッキントッシュ_トートバッグ_ペールブルー リュニフォーム_マッキントッシュ_トートバッグ_オリーブ

トートバッグ No.72 幅48 × 高さ32 × 奥行21cm ¥102,300


ベースとなったのは、アイコンバッグのスモールサッチェル(No.43)と新作のハイキングバッグ(No.163)、フラットに折り畳めるフォータブルバッグ(No.72)、トートとショルダーの2ウェイで使えるミニプレスバッグ(No.131)の4型。



リネンとコットンを混紡したリュニフォームの象徴的なナチュラルベージュのキャンバスと、マッキントッシュによるオリーブ、ピンク、ペールブルーの3色のコットンキャンバスを組み合わせた全11モデルが揃う。

リュニフォーム_マッキントッシュ_ミニプレスバック_ピンク リュニフォーム_マッキントッシュ_ミニプレスバック_オリーブ

ミニプレスバッグ No.131 幅27 × 高さ19 × 奥行12cm ¥59,400


なお、アイテムはすべてスクリーンプリントによるカスタマイズが可能。お気に入りのバッグにパーソナライズをほどこせばいっそう愛着がわくもの。ギフトにも喜ばれるはずだ。

リュニフォーム_マッキントッシュ_ハイキングバッグ

ハイキングバッグ No.163 幅36×高さ42 x 奥行15 cm ¥117,700


リュニフォームとマッキントッシュによるコラボバッグは10月29日(土)より、リュニフォーム 丸の内店と公式オンラインストア、Dover Street Market Ginzaにて発売。普段は定番カラーが多い大人男子も小物ならカラーアイテムを取り入れやすいはず。フレッシュなキャンバスバッグで秋冬コーディネートの鮮度を上げよう。



リュニフォーム トウキョウ TEL: 03-6812-2930