“ちょい渋い”のが新しい! 中島歩の「ネオクラ」ジャケット試着室

しっかりと張りのあるツイードにレトロな色のチェック、3つボタンの仕立てとクラシカルに振り切ったデザインがかえって新鮮。舞台挨拶や映画祭で着たい。

コム デ ギャルソン・オムのツイードジャケット

ぎゅっと詰まった織り地に洗いをかけたヴィンテージライクなツイードの風合いが魅力。特殊な加工によるドライな肌触りと起毛感も特徴だ。すべて国内生産にこだわった仕立ては美しく、適度な抜け感のボックスシルエットが今の気分。

ジャケット¥86,900・シャツ¥30,800/コム デ ギャルソン・オム(コム デ ギャルソン) ニット¥101, 200/エクストリーム カシミア(BIOTOP) パンツ¥41,800/ベルナール ザンス(エディフィス 新宿店)


オーラリーの ツイードジャケット 中島歩

カシミヤ混と聞いて納得! こんなに柔らかいジャケットは初めてだし、シワが出ず上品。モノトーンの配色もシック。これぞ新しいツイードですね。

オーラリーのツイードジャケット

カシミヤとオーガニックコットン、そして極細のラムズウールという上質な素材のみを使⽤したツイード生地。肌当たりも佇まいも優しく仕上がった。スマートなラペルに2つボタンのシンプルなデザインで、形はややコンパクト。カジュアルなワードローブにも合わせやすく、ワイドパンツと好相性。

ジャケット¥92,400/オーラリー ブルゾン¥72,600・パンツ¥68,200/カル ニット¥42,900/ブラームス ルーツストック(ワンダリズム)


ユーゲンの コーデュロイジャケット 中島歩

肩幅が広めなんですが、これは身体によく馴染む! 長年着込んだようなリラックス感に驚きました。着回ししやすい色と形で、あれこれ考えずにキマるのもうれしい。

ユーゲンのコーデュロイジャケット

フランスの1930〜’40年代のワークジャケットをベースに、イタリアのファブリックメーカーのドレッシーなコーデュロイ生地で製作した一着。ソフトな風合いに加え、前振りの袖付けによって動きやすさは抜群だ。ショルダーはなだらかに、ウエストにはシェイプを入れず現代的にアップデート。

ジャケット¥101,200/ユーゲン(イデアス) ニット¥80,520/クリスタセヤ(BIOTOP) パンツ¥99,000/エディション(エディション 表参道ヒルズ店)


ザ クラシック× ランド オブ トゥモローの フランネルジャケット 中島歩

シルエットがモダンだし、上質さが見てとれる滑らかな素材もいい。スイングトップには高倉健さんのような味がある大人を連想しますが、これなら自分の年齢でも着こなせそうです。

ザ クラシック×ランド オブ トゥモローのフランネルジャケット

ネオクラジャケット=テーラードだけじゃない。ややワイドで着丈短めのザ クラシックの定番型に、ランド オブ トゥモローが生地を別注したハリントンジャケット。

ジャケット¥96,800/ザ クラシック×ランド オブ トゥモロー(ランド オブ トゥモロー 丸の内店) ニット¥25,300/カルバン・クライン(カルバン・クライン カスタマーサービス) シャツ¥38,500/ユーゲン(イデアス) ジーンズ¥76,780/クリスタセヤ(BIOTOP)


サウスウィックの コーデュロイジャケット 中島歩 サウスウィックの コーデュロイジャケット2 中島歩

キャメルのコーデュロイって直球でクラシックな印象。それでいてラペルやポケットのデザインは直線的でスマート。ちょっとやそっとじゃヘタらなそうな、タフな生地もいいですね。

サウスウィックのコーデュロイジャケット

1929年創業のサウスウィックの“ケンブリッジ”は、シャープなラペルとスクエアの胸ポケットがミニマルな印象。生地は英国のブリスベン モス社のもの。

ジャケット¥121,000/サウスウィック(シップス 渋谷店) ニットポロ¥30,800/グラフペーパー パンツ¥96,800/ナイスネス(イーライト) ソックス¥24,200/ジ エルダー ステイツマン(サザビーリーグ) シューズ¥63,800/アワー レガシー(エドストローム オフィス) Tシャツ/スタイリスト私物


ノアのフランネルジャケット 中島歩

ダブルは難しいという先入観が覆える一着。けっして真面目になりすぎず、軽い着心地で日常に馴染む。カーディガンの代わりにはおりたい!

ノアのフランネルジャケット

ストリートなスタイルにも馴染むノアらしいパターン設計と、ロロ・ピアーナのエレガントなフランネル生地が融合。スニーカーにデニムをクッションさせてゆるく着たい。

ジャケット¥187,000/ノア(ノア クラブハウス) シャツ¥30,800/インカミング(イーライト) カットソー¥14,300/サンスペル(サンスペル 表参道店) ジーンズ¥100,000/ルメール(スクワット/ルメール) スニーカー¥20,900/ナイキ スポーツウェア(NIKE カスタマーサービス)


Ayumu Nakajima
1988年宮城県生まれ。2013年に俳優デビュー。映画『偶然と想像』『いとみち』にて第35回高崎映画祭最優秀助演俳優賞を受賞し、『愛がなんだ』『浅草キッド』『愛なのに』『よだかの片想い』などに出演。12月9日より映画『散歩時間〜その日を待ちながら〜』が公開予定。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Go Tanabe 
Hair:KANADA[LAKE TAJO] 
Make-up:JURI 
Stylist:Takeshi Toyoshima 
Model:Ayumu Nakajima 
Text:Takako Nagai