ファイヤーマンコートで、
セント・アイヴスの
彫刻庭園を散策

彫刻家のバーバラ・へップワースの作品を掘りさげる中で知ったイングランド南西端の港町、セント・アイヴス。

TOURIST

池田尚輝/スタイリスト
ファッション誌、カタログや広告などで幅広く活躍。NY留学やメキシコひとり旅など広く海外渡航してきたが、最近はイギリスに夢中。ロンドンには過去6回訪れたが、次なる目的地はセント・アイヴス。


マイケルクラシックアパレルのファイヤーマンコート

「彫刻家のバーバラ・へップワースの作品を掘りさげる中で知ったイングランド南西端の港町、セント・アイヴス。多くのモダンアートの芸術家たちが居を構えた場所でもあり、いちばんのお目当てはバーバラ・ヘップワースミュージアムの彫刻庭園です。旅の相棒にはマイケルクラシックアパレルのファイヤーマンコートを選びたい。コットンライナー付きで温度調整がしやすく、襟を立てると防寒力が高く、ガシガシ使える素材に大きなポケットなど実用的。はやりすたりのないデザインで主張しすぎることがなく、かといってつまらなくもない。東京でも愛用していますが憧れの港町でアートを見るにも最適。自分らしくフラットに過ごせる一着です」。コート/本人私物



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Mitsuo Kijima 
Illustration:Megumi Goto 
Composition&Text:Takako Nagai