硬い、重い、艶っぽい…を覆す。  大人のためのレザーをマルニで見つけた。

硬い、重い、艶っぽい…を覆す。 
大人のためのレザーをマルニで見つけた。

ブラックのスムースレザー、とだけ聞くと身構えてしまうが、マルニの手にかかればこんなにモダンで着やすい。愛嬌のある大ぶりのボタンやポケット使いに加え、しなやかなラムレザーの着心地も抜群だ。襟や前立ての裏地にあしらわれた細うねのコーデュロイも今季らしい。繊細で抜けのあるレザージャケットなんて、なかなかお目にかかれない。

ジャケット¥456,500・ベスト¥82,500・シャツ¥132,000・ジーンズ¥143,000/マルニ(マルニ ジャパン クライアントサービス)


街に馴染む黒のハンティングジャケットって 最強かもしれない。

街に馴染む黒の
ハンティングジャケットって最強かもしれない。

定番の黒アウターは、見た目にも軽やかで、冬本番まで長く活躍するショート丈のメルトンが狙い目だ。ルメールのハンティングジャケットは、ジャストなサイズ感と余裕のあるポケット使いがポイント。ウールにポリエステルを混紡した生地はしっとりと肉厚で、独特の立体感ある丸みあるシルエットをかなえてくれる。写真のようなボリューミーなナイロンパンツはもちろん、ストレートなスラックスにも合わせやすい懐の深さも魅力。

ジャケット¥108,000/ルメール(スクワット/ルメール) シャツ¥31,900/シュナイダーマン×エディション(エディション 表参道ヒルズ店) カットソー¥19,800/イーティーエス マテリオ(エディフィス 新宿店) パンツ¥33,000/ダイワ ピア39(グローブライド) シューズ¥36,3 00/サボール(GMT) ソックス/スタイリスト私物


〝懐かしい〟を新しい解釈で。こんなに大人なピーコートを探してた!

“懐かしい”を新しい解釈で。
こんなに大人なピーコートを探してた!

学生のイメージが強いピーコートだけど、実は今シーズン、大人に向けたデザインが揃い踏み。この春夏メンズラインがスタートしたイレーヴの新作は、ミドル丈のオーバーサイズで、普遍的ながらもほかとは一線を画す佇まい。目にも温かみを感じさせるハイクオリティなウールモッサ生地の起毛感も魅力だ。ネイビーも展開。

コート¥107,800/イレーヴ シャツ¥18,700/ラングラー×レショップ(レショップ 青山店) ニット¥24,200/グランサッソ(エスディーアイ) パンツ¥26,400/ディセンダント スニーカー¥9,900/NIKE SB(NIKE カスタマーサービス)


ミリタリーモチーフなのに ここまで上質な仕立ての一着、初めて見た。

ミリタリーモチーフなのに
ここまで上質な仕立ての一着、初めて見た。

今シーズン、ユーゲンのラインナップに多く見られた、イタリアメイドのメランジウールツイル素材を、ワイルド ライフ テーラーだけのフーデッドジャケットで楽しめる一着。USミリタリーのレインコートをベースにしたデザインは、遠目にも存在感あるビッグポケットと、肩から袖にかけての美しいシルエットが特徴だ。ライニングの滑らかなフランネルのカラーリングもこだわり。

ジャケット¥209,000/ユーゲン フォー ワイルド ライフ テーラー(ワイルド ライフ テーラー) ニット¥60,500/ビブリオテカ(アマン) シャツ¥33,000/ヤン マッケンハウアー(メイデン・カンパニー) パンツ¥23,100/ディッキーズ×アンユーズド(alpha PR)


トップガンは憧れだけど、  本気のL‒2Bは着られない

トップガンは憧れだけど、
本気のLー2Bは着られない

実は今シーズン豊作のフライトジャケット。けれどもちろん、目指すのはトップガン…ではなく街にも馴染む今っぽさと軽快さ。ジュンヤ ワタナベ マンのL-2Bなら、無駄をそぎ落としたミニマルなデザインと、振り切ったオーバーシルエットが大人にちょうどいい。インナーを重ねてももたつかず、薄手だが冬までいける。

ジャケット¥107,800/ジュンヤ ワタナベ マン(コム デ ギャルソン)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Keita Goto[W] 
Hair:AMANO 
Stylist:Takeshi Toyoshima 
Model:Yoshiaki Takahashi