1.素材やフォルムで色気を出したい
2.短靴はカジュアルに
3.スニーカーはクラシカルがいい

F.lli Giacomettiのサイドゴアブーツ CALMANTHOLOGYのテッズシューズ adidas Originals by Wales Bonnerのスニーカー

AF.lli Giacometti
サイドゴアブーツ

BCALMANTHOLOGY
テッズシューズ

Cadidas Originals by Wales Bonnerのスニーカー

井上直哉さん/TOMORROWLAND PR

井上直哉さん
/TOMORROWLAND PR

パンツのシルエットがワイドからスリムに移行したことにより、革靴を合わせる機会が増えました。フォルムや素材に色気がありつつ、デニムにも合わせられるカジュアルな足元が今の気分。フラテッリ ジャコメッティのブーツは光沢のないヤギ革に男らしい色気を感じます。カルマンソロジーのテッズシューズは、王道なキレイめ。これに抑えで一足、カジュアルで動きやすいスニーカーをラインナップ。クラシカル&レトロで、スラックスなどのキレイめパンツと合わせています。


1.履きやすさよりもデザイン性
2.色味とデザインは大胆に
3.体格に合うボリューム感

IysoのAcumik New Balanceの992 NB1 NikeのAir Force 1 low x LC23

DIysoのAcumik

ENew Balanceの992 NB1

FNikeのAir Force 1 low x LC23

ユタナンさん/Sillageデザイナー、フォトグラファー

ユタナンさん
/Sillageデザイナー、フォトグラファー

スニーカーはトレンドよりもデザイン重視ですが、昨年は毎日履けるスタンダードな靴ばかり購入していました。今年はまた反動でデザイン性の強い“アートな”スニーカーが気になります。Nike Air Force 1 low x LC23は、本棚に飾っているほど。New Balance 992 – NB1 Multicolorは、とびきりカラフルな色で夏にたくさん履きたい。オールホワイトが潔いIysoは使い勝手抜群。また身長188㎝と体格がいいぶん、ボリューム感があるものがしっくりきますね。


1.スラックスに合うかが基準
2.明るめの色で足元に遊びを
3.柄&ディテールにひとひねりあるものを

VansのChukka Made in USA 90s Le Yuccaʼsのタッセルサドルローファー DIMISSIANOS & MILLERのレザーサンダル

GDIMISSIANOS & MILLERのレザーサンダル

HLe Yuccaʼsのタッセルサドルローファー

IVansのChukka Made in USA 90s

柿本陽平さん/BLOOM&BRANCH ディレクター/柿乃葉 店主

柿本陽平さん
/BLOOM&BRANCH ディレクター/柿乃葉 店主

デニムからスラックスメインに移行したのに伴い、足元も変化。どれもスラックスに合わせることを前提とし、シブく見えすぎないように明るめの色を選ぶように。ペニーローファーとタッセルの融合が珍しいレユッカスは、ブランデーカラーのコードバンが新鮮。ディミッシアーノ&ミラーのサンダルは、アッパーは馬革、ソールは牛革をクリーム色に手染めしたもの。ヴァンズはグレンチェックで、トラッドスタイルのハズシアイテムとしてそれぞれ重宝しています。


1.老舗ブランドの革靴は王道をハズす
2.どんなスタイルにも合う万能シルエット
3.意外性のあるコラボレーションも楽しみたい

J.M. WESTONの501 NAMACHEKO×Enzo Bonafeのダービーシューズ JOHN LOBBのLOPEZ

JJ.M. WESTONの501

KNAMACHEKO×Enzo Bonafe
ダービーシューズ

LJOHN LOBBのLOPEZ

松岡 歩さん/三越伊勢丹 紳士担当

松岡 歩さん
/三越伊勢丹 紳士担当

最近は、他人の目を意識せず、自分の目線で“本当に好きなもの”だけを選ぶように。足元もわかりやすいハイプなスニーカーではなく、玄人好みな革靴へ。かつ老舗ブランドの定番品ではなく、ちょっとクセがあるものを選んでいます。もちろんどんなスタイリングにも馴染む、バランスのよさも重要です。NAMACHEKOとEnzo Bonafeのコラボや、J.M. WESTONのアップサイクルプロジェクトから生まれた一足、JOHN LOBBのシボ革×スエードが珍しい一足など、“変化球”を楽しんでいます。



Photos:Yuichi Sugita 
Text:Sayako Ono