文化系男子感涙のメガトンコラボ!


フィレンツェ発のラグジュアリーブランド「GUCCI(グッチ)」が、ドイツ発のスポーツブランド「adidas(アディダス)」と初コラボ。充実したラインナップの限定コレクション「adidas x Gucci(アディダス×グッチ)」が、6月7日(火)から両ブランドの公式オンラインストアのほか東京と大阪の限定店舗で発売される。


Y神:今日の為にアディダスのショーツとグッチのキャップを着用してきたH條さん。中は見える?


H條:ジムウェアっぽい服が見えます。ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)が発達してますね、私。



ここは、表参道の「BA-TSU ART GALLERY」を会場にした「アディダス×グッチ」ポップアップストア。即完売必至のコラボスニーカーなどを速報すべく、山崎貴之・UOMO ブランド統括&WEB UOMO編集長とY神、H條の3人が前日取材してきた。


Y神:あ。山崎編集長がいる。


山崎:せっかちなもので先に説明を受けていたよ。6月7日(火)スタートのここ以外だと、都内のポップアップストアは8日(水)スタートの伊勢丹新宿店の本館1階とメンズ館の1階になる。Y神はもう買ったの?


Y神:えっと、先に来店予約しないと…。




photo
photo
photo
prevnext


H條:来店予約は専用サイトで受付中。本コラボを取扱うポップアップは都内3店舗のほか、6月8日(水)スタートの阪急うめだ本店の1階と心斎橋大丸のグッチ サテライトショップを合わせた計5店舗あり、大阪のほうは予約受付日時にまだ空きがあるようです。来店予約は抽選の場合もあり注意しましょう。


Y神:バッグとスニーカー、双方のブランドの誇りが互いを補完し合っているようなマリアージュ。「グッチ」と「アディダス」って相性よいのね。


H條:ちなみに写真下にあるGGパターンの1番大きいボストンバッグのお値段は434,500円(税込)です。1アイテム2点までの購入制限があるので、今週末でしたら、もしかすると買えるかもしれません。


Y神:スニーカーもヤバすぎ…。



山崎:H條くん、「アディダス オリジナルス」の名作「gazelle(ガゼル)」の価格は?


H條:107,800円(税込)です。


山崎:GGパターンのほうが高額だったりするのかな? あと、90年代だと「ガゼル」読みじゃなくて「ガッツレー」だった記憶がある。




photo
photo
photo
photo
prevnext


Y神:無地のカラーバリエーションも同じ価格でした。ボクもH條くんも「ガッツレー」世代だよね。


山崎:ガゼルが英語、ガッツレーがドイツ語読みだが、いつから「ガゼル」読みが一般的になったのか。


Y神:はい。H條さんが答えてくれます。


H條:えっ。


文化系スポーツ男子のY神、琴線に触れたコラボを見つけるたび、本能の赴くままにシャッターを押している。これ見よがしではない、無地の「ガゼル」のほうが大人好みなのかもしれない。



本コラボはウェアも含むトータルコレクション。世界中にインパクトが飛び火した初披露のタイミングは、今年2月28日に2年ぶりにミラノで開催された有観客のランウェイショーだった。


山崎:スウェットシャツの価格は?


H條:148,500円(税込)です!



メンズとウィメンズのリュクスなルックが登場するなか、突如として、「アディダス」のスリーストライプスやトレフォイル(三つ葉)を用いたウェアがランウェイを闊歩。レトロなスポーツテイストは「グッチ」を手掛けるアレッサンドロ・ミケーレの真骨頂だ。


Y神:水色、ベージュ、あずき色…。


山崎:ミケーレらしい配色だと思う。


取材陣は2階へ。




photo
photo
photo
photo
prevnext


ウィメンズのウェアが中心の2階。アイテムによってはオンラインストアに取扱いがなく、しかも「アディダス」公式オンラインともカラーバリエーションが違う場合もあり、購入前の精査は必須だろう。


Y神:ニットパーカーがいい感じ。


H條:ネイビーポロなんてロゴも小さいですし、まんま「アディダス」っぽいかなとも…。


Y神:そのへんに大人感。


H條:さすがです!


山崎:ポロシャツの価格は?


H條:102,300円(税込)!



H條:なんかこう、コラボコレクションに浸っていると、映画「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(2001年)のマーゴとチャスを思い出しちゃいました。


Y神:いかにも。グウィネス・パルトローとベン・スティーラーね。劇中の衣装も「アディダス」のジャージだったし。そうだ、H條さんが欲しいアイテムは?


H條:ユニセックスだと思いますけども、ジムで使えそうなショーツ(¥137,500)とヘアピン(¥61,000)かしら。ヘアピンは「グッチ」のオンラインストアに掲載がなかったので問い合わせてみました。


Y神:もっとこう、大人男子に有益な…。




photo
photo
prevnext


H條:キャップ(¥60,500)も欲しいです。


Y神:そうそう。後ろの調節ベルトの素材が「グッチ」の本革だった。こういうところ、好きです。


山崎:キャップを見ていると、不覚にも若林源三を思い出してしまった。誤解があるといけないので、これは書かないでもらってよいかな。


H條:GSGK(グレート・スーパー・ゴール・キーパー)ですね。承知しました!



山崎:総評すると、秋冬も期待してみたくなるほどに納得のコラボコレクションだった。レトロな色使いは他の「アディダス」コラボと比較しても異彩を放つ。スニーカー以外のフットウェアでは、スリーストライプスが施されたビットローファーも気になった。価格は?


H條:ガゼルよりもちょっとお高い154,000円(税込)でした。ポップアップのみの展開で、オンラインストアには取扱いがないみたいです。こっちのほうが面白そうで、隠れ名品になりそうですよね。


山崎:うむ。Y神はもう買ったの?


Y神:ですから来店予約が先で…。



さあ、2022年6月最初の運試し。5店舗のポップアップストアは来店予約が必須(抽選の場合もあり)。大阪のポップアップにはまだ空きがあるようだ。


初出し情報も書かれている本稿を参考に、「アディダス×グッチ」の購入計画を立てよう。




adidas x Gucci
問い合わせ先:グッチ ジャパン クライアントサービス
TEL:0120-99-2177
来店予約受付サイト

▼adidas x Gucci Pop-Upショップ(BA-TSU ART GALLERY)
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-5 BA-TSU ART GALLERY
会期:2022年6月7日(火)~6月26日(日)
営業時間:11:00~20:00
adidas x Gucci

▼伊勢丹新宿店 本館1階 ザ・ステージ
会期:2022年6月8日(水)~6月21日(火)
※来店予約は百貨店の公式サイトで受付

▼伊勢丹新宿店 メンズ館1階 ザ・ステージ
会期:2022年6月8日(水)~6月14日(火)
※来店予約は百貨店の公式サイトで受付

▼阪急うめだ本店 1階 コトコトステージ11
会期:2022年6月8日(水)~6月14日(火)
※来店予約は百貨店の公式サイトで受付

▼心斎橋大丸 グッチ サテライトショップ
会期:6月8日(水)~
※来店予約は百貨店の公式サイトで受付

Text: Takafumi Hojoh