ダブルストラップ対決

履き比べたのは…

豊島猛さん スタイリスト

豊島猛さん

スタイリスト

松岡歩さん  三越伊勢丹 紳士担当

松岡歩さん

三越伊勢丹 紳士担当

渡邉秀嗣さん バリスタ

渡邉秀嗣さん

バリスタ

安武俊宏さん BEAMS チーフプレス

安武俊宏さん

BEAMS チーフプレス


本命
BIRKENSTOCK Boston

ビルケンシュトック Boston

革靴気分で楽しめるボストンは
フォルムが最も好き
安武俊宏さん

足の甲がしっかりと覆われたボストンは、いつものシューズ感覚でコーディネートにハマるサンダル。優しげなブラウンのスエードは、大人っぽい雰囲気を出しつつ、どこか抜けたムードも。¥20,900/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス)


対抗 1
STUDIO NICHOLSON Slip On Crog

スタジオ ニコルソン Slip On Crog

シンプルながら、細部まで
計算し尽くされた逸品
松岡歩さん

一枚のレザーで仕上げられたミニマルなデザインが特徴。コックシューズのようなラフさと、キメ細かなカーフスキンによる上品さを兼ね備え、どんな服にも馴染みやすい。熱による立体成型で、型崩れしにくいのもポイント。¥69,300/スタジオ ニコルソン(インコントロ)


対抗 2
ecco 2ND COZMO CLOG MEN’S WOOL CLOGS

エコー 2ND COZMO CLOG MEN'S WOOL CLOGS

夏休みに履きたい
リラックスムード満点!
渡邉秀嗣さん

コンフォートシューズと革小物を作るデンマーク発のブランド、エコー。温もりのあるデザインに対して、自社生産にこだわったプレミアムレザーを使用することで、素朴になりすぎず、上質な佇まいをキープ。¥20,900/エコー(エコー・ジャパン)


対抗 3
TOM WOOD × SUICOKE
MAKO スリッポンサンダル

トムウッド × スイコック MAKO スリッポンサンダル

トレンドのグリーンは
ストリートっぽく履きたい
豊島猛さん

日本発のスイコックとノルウェー発のトムウッドのコラボレーションモデルは、丸いフォルムと鮮やかなグリーンの組み合わせが新鮮。曲線的なカッティングを丁寧な縫製で仕上げたやわらかい表情も魅力だ。¥51,370/トムウッド × スイコック(トムウッド プロジェクト)


A.履き心地

エコーのラムウールボアはクセになる(豊島)

渡邉 履き慣れた安心感では断然ビルケンですが、今日はいろいろ試せて新鮮。
豊島 エコーの履き心地が気持ちよすぎました。裏地のもこもこしたラムウールのボアに足が包み込まれて、やみつきになりそう…。甲幅が狭めで面ファスナーでぴたっと留められるから、足が遊ぶこともなくフィットします。
渡邉 同感です。僕は素足での履き心地を重視しているので、肌当たりのいいエコーを1位にしました。
安武 個人的にクッション性がよかったのはトムウッド×スイコック。弾むような歩き心地のフットベッドとソールでした。
松岡 僕は硬めのスタジオ ニコルソンも好き。リラックス感はないものの革靴のように足が固定されて歩きやすい。
安武 しかもアッパーが長くて甲高も低めだから、しっかり足にホールドして脱げにくいですよね。

エコーのラムウールボアはクセになる

人間工学に基づいたラストと、軽量素材のソールを採用したエコー。面ファスナーでフィットの調整も可能で、快適さは抜群。


B.合わせやすさ

どれも革靴のような見た目で、合わせやすさは拮抗(安武)

安武 クロッグ型というだけで、そもそも合わせやすい。サンダルにありがちな、足元が軽すぎたり、だらしなく見える心配があまりないから…。
渡邉 特にビルケンは完成された定番品だけあって、何にでも合いますね。いなたいミリタリーパンツにもマッチするし、キレイなスラックスのハズシにしてもいい。
松岡 確かに。ほかの3足はスタイリングの方向性が決まってくるかも。
豊島 トムウッド×スイコックは、太めの白パンに合わせてストリートなノリで履けたらオシャレかな。
松岡 なるほど。逆にキレイめに振ると決めちゃえば、スタジオ ニコルソンは簡単じゃないですか?
安武 ほとんど革靴と同じ感覚ですよね。あとは黒のミドル丈ソックスを合わせて、ブーツのような見え方にしても面白そう。
松岡 同じこと考えてました!

どれも革靴のような見た目で、合わせやすさは拮抗

ソックスの分量が見えすぎないボストンは、カラーソックスのチラ見せで遊ぶのが楽しい。もちろん白ソックスとも好相性。


C.デザイン

いい意味で装飾のないデザインが今の気分(渡邉)

渡邉 デザインはそれぞれまったく異なる4足ですよね。ビルケンはほっこり枠で、ニコルソンはモダン、エコーはカジュアルで、トムウッド×スイコックは飛び道具的…。
豊島 トムウッド×スイコックは、ソールの形も独特だしハイプな印象ですよね。発色もキレイ。
渡邉 鮮やかなカラーを取り入れたい僕としては断然アリですし、夏らしいアクセントになると思いました。
安武 真逆のデザインですが、ニコルソンの一足は、匿名性が玄人っぽくてシャレてません?
松岡 わかります。誰かが履いていたら「それどこの?」って聞いちゃう。スクエアがかった丸いトウが絶妙で、洗練されているな、と。
渡邉 匿名性でいうとエコーもよかった。カジュアルな一足で誰もが履きやすく、いい意味で大衆的なデザインだと感じました。

いい意味で装飾のないデザインが今の気分

ありそうでない、ミニマルなデザインが特徴のスタジオ ニコルソン。スラックスをクッションさせると、ほぼ革靴の見え方に。


結果発表

豊島猛さん スタイリスト

豊島さんの第1位は
スタジオ ニコルソン
総合点 4.2


A.履き心地 4.0
B.合わせやすさ 4.0
C.デザイン 4.5

2位 ビルケンシュトック 総合点 4.0
A 4.0 B 3.7 C 4.0
3位 トムウッド×スイコック 総合点 3.8
4位 エコー 総合点 3.5

ミニマムなワントーン、つるりとしたレザーの質感、ソールの薄さ、すべてに品があります。スタイリングの邪魔をしない何でもない感じのデザインですが、しっかり洗練されている。革靴の延長で、デニム、スラックス、チノパンとあらゆるパンツに合いそうです。

松岡歩さん  三越伊勢丹 紳士担当

松岡さんの第1位は
スタジオ ニコルソン
総合点 4.0


A.履き心地 3.0
B.合わせやすさ 4.0
C.デザイン 4.0

2位 ビルケンシュトック 総合点 3.7
A 3.7 B 4.0 C 3.5
3位 エコー 総合点 3.5
4位 トムウッド×スイコック 総合点 3.0

アノニマスな佇まいにひと目惚れしました。いい意味で足元に主張がなくなり、何にでも合わせられるので絶対に活躍しますね。トウの丸いフォルムが絶妙で、かわいくならずに男らしく履けるのも好印象。フィット感はソックスの厚さで調整したいです。


渡邉秀嗣さん バリスタ

渡邉さんの第1位は
エコー
総合点 4.6


A.履き心地 5.0
B.合わせやすさ 4.0
C.デザイン 5.0

2位 ビルケンシュトック 総合点 4.5
A 4.5 B 4.8 C 4.8
2位 トムウッド×スイコック 総合点 4.0
4位 スタジオ ニコルソン 総合点 3.5

サンダルのマイルールは「ショーツに素足で」。楽チンさが最大の魅力だと思っているので、エコーのラフな雰囲気は、素足での散歩やラフに過ごしたい夏の海辺に最適です。黒のスエードだから大人っぽさとやわらかい雰囲気を両立しているのもうれしい。

安武俊宏さん BEAMS チーフプレス

安武さんの第1位は
スタジオ ニコルソン
総合点 4.2


A.履き心地 3.0
B.合わせやすさ 4.5
C.デザイン 4.5

2位 ビルケンシュトック 総合点 4.0
A 2.8 B 5.0 C 4.2
3位 トムウッド×スイコック 総合点 3.2
4位 エコー 総合点 3.0

これぞスーパーミニマル。一見、ビルケンシュトックのコックシューズのようですが、あのカジュアルなソールやアッパーとは方向性が違う、ドレスシューズのような表情が魅力。きれいなワイドスラックスと合わせて、上品なスタイルを楽しみたい。


「ビルケンシュトック」を
超えるサンダルはあるか? はこちら
▶︎


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi 
Stylist:Masashi Sho
Text:Takako Nagai