LOUIS VUITTONのウール

ルイ・ヴィトンのウール

素肌にそのまま着たくなる気持ちよさ、
文句なしに最高のウールです
小川敬大さん(会社員)

藤村雅史さん(アートディレクター)
チクチクしがちなウールのイメージを覆す、さらっとした肌触りと軽い着心地が最高。年男なのでトラにも惹かれてしまう(笑)。

船場直人さん(会社員)
触ってすぐに惹かれた。ウールらしいボリュームのある武骨な雰囲気を残しながら、肌当たりはまるでカシミヤ。柔らかな素材による袖のたまり具合もかわいい。短めの着丈と肩の落ちたシルエットが素敵。

内野賢一さん(会社員)
軽く柔らかく気持ちいい。迫力のあるトラのモチーフも上品に馴染んでしまうのがさすが。

ニット¥165,000/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス) その他/私物


CELINEのブラッシュドコットン

セリーヌのブラッシュドコットン

このふわふわ素材がカシミヤじゃなくて
コットン? 絶対ウソでしょ!
片貝俊さん(スタイリスト)

綾瞳さん(会社員)
コットンニットとは思えない、ふんわりした優しい質感に仕上げているのが驚き。肌が弱い自分にとってうれしいニット。ファッション性の高い短めの着丈もアンバランスで好み。

松岡歩さん(会社員)
この起毛でコットンってすごい。しっかりラグジュアリー感があるが古着とも相性がよさそう。

柳雅幸さん(フリーランスセールス)
肉厚でボリュームたっぷりのコットンを起毛させていて贅沢すぎる。温かみあるピンクに、裏地はカットソーのようなタッチで着心地もよし。これが似合ったら絶対モテる。

ニット¥214,500(予価)/セリーヌ オム バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン) その他/私物


DIORのモヘア

ディオールのモヘア

柔らかな毛足、空気を纏うような膨らみ、
モダンな佇まい、どれをとってもいい
水澗航さん(ENKEL、FABWORK 主宰)

池田尚輝さん(スタイリスト)
キム・ジョーンズのストリートの解釈のうまさと、クチュリエの技術が融合した極みを感じる。モヘアの毛並みが素晴らしい。

川辺圭一郎さん(TOMORROWLAND PR)
フェミニンさと男らしさ、両方の印象を兼ね備えたカラーと起毛が好み。“CD”ロゴをひねったアーガイル柄や、幅広な前立ての縫製の美しさなど、細部までラグジュアリー。

石田達也さん(Steven Alan アシスタントバイヤー)
毛足の長いモヘアだが、重さをまったく感じない柔らかなタッチ。もちろんチクチクもしない。オリジナリティのあるアーガイル柄のグレーグラデーションが美しい。

カーディガン¥231,000/ディオール(クリスチャン ディオール) その他/私物


BOTTEGA VENETA
テクニカルシェニール

ボッテガ・ヴェネタのテクニカルシェニール

もちっとしたブランケットに包まれるような
初体験のニット地に感動
名知正登さん(ライター)

佐藤リッキーさん(YouTuber、デザイナー)
過去にない、ニットらしからぬニット。媚びずにわが道を行く斬新なアプローチにぐっとくる。

小川智宏さん(ライター、会社員)
3Dのような奥行きを表現したボンディングニットが見事。ふわふわもちもちと弾むような着心地は唯一無二。厚手で型崩れしない立体的なシルエットで薄着でもサマになる。軽い春アウターとして活躍させたい。

霜降高明さん(alpha PR)
敏感肌かつ乾燥肌の自分にとって、毛羽立ちのないニットは魅力的。程よい硬さとつるりとしたタッチの新感覚カーディガンだ。

カーディガン¥290,400/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) その他/私物



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Tetsuo Kashiwada
Stylist:Toshihiro Oku
Text:Takako Nagai