着こなしに差をつける大人のミニバッグ

普段持ち歩くものをコンパクトに収められるワンマイルバッグは、大人の街歩きに欠かせないアイテムだ。しかし、コンパクトゆえにデザインの幅が狭まり、他人と差別化しにくいという一面もある。しかし、ルイ・ヴィトンの「ハンドル・ソフトトランク」の新作なら、存分に存在感を主張してくれるはずだ。



「ハンドル・ソフトトランク」は、2021年に、メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローによる「ルイ・ヴィトンxNBA」カプセル・コレクションで誕生した。ブランドのアイコンであり、旅の象徴でもある伝統的なトランクのデザインをコンパクトなバッグに落とし込んでおり、その本物感とラグジュアリーな雰囲気が多くの人を魅了してきた。



今回、2022年春夏メンズ・ファッションショーの中で発表された新作は、ノマド(遊牧民)から影響を受けたメゾンの原点である旅の真髄と、クラフツマンシップへのこだわりのすべてが凝縮された逸品となっている。モチーフとなったトランクを彷彿させる長方形のシェイプやコーナー部分を補強するリベットが人目を惹きつけるのはもちろんのこと、取り外し可能なショルダーストラップとレザーハンドルが使い勝手の良さも保証する。また、美しいブラックのトリヨンカーフレザーと、レザーで縁取られたモノグラム・マカサー キャンバスの2つのバージョンが用意されており、着こなしや好みに応じて選べるのも魅力だ。


「ハンドル・ソフトトランク」の新作を持てば、ちょっとしたお出かけをする時でもラグジュアリーな気分に浸れるに違いない。



左:ハンドル・ソフトトランク ¥448,800、中:ハンドル・ソフトトランク ¥400,400、右:ミニ・ソフトトランク ¥510,400




ルイ・ヴィトン クライアントサービス
TEL:0120-00-1854


Text:Tetsu Takasuka