欲しいのは、好きなだけ“動ける”デニム

アワー レガシーのワイドストレートデニム

アワー レガシーのワイドストレートデニム

見た目にも軽やかなウォッシュ加工にリラクシングなワイドフィット。大人のデニムとして十分合格点だが、これは屈伸時に負荷のかかる膝部分の生地をパネル状に切り替えることで動きやすさに最大限配慮。軽快に活動したい休日にぴったりだ。

ジーンズ¥47,300/アワー レガシー(エドストローム オフィス) ブルゾン¥42,900/イレーヴ バックパック¥20,900/アウトドアプロダクツ(レショップ 青山店)


ベルトなんて、いらなくない?

ディッキーズ×エビコンのイージーデニム

ディッキーズ×エビコンのイージーデニム

これからの季節に最適な、洗いのかかった11オンスの生地を使用。腿まわりや股上にゆとりをもたせて、ウエストにはドローコードを配した究極のイージー仕様。裾を絞れるので自転車移動にももってこいだ。インディゴブルーのカバーオールに、インはシャンブレーシャツ。ブルーを基調にユニフォームライクにスタイリング。

ジーンズ¥24,200/ディッキーズ×エビコン(1LDK apartments.) カバーオール¥66,000/カル シャツ¥22,000/サウスウィック(シップス 渋谷店) キャップ¥5,940/プログレスランニングクラブ(グラストンベリーショールーム) スニーカー¥36,300/ルンゲ(バーリオ)


ハードなGジャンから愛嬌ある
カバーオールに乗り換えてみる

ブラームス ルーツストックのカバーオール

ブラームス ルーツストックのカバーオール

これまでのデニムジャケットといえば真っ先にGジャン、だったけれど、見た目も機能的にもややハード。気張らず自然体に着られるデニムカバーオールこそが文化系男子にはふさわしい。超長綿本来の柔らかさに加えて、洗いをかけることでさらにソフトに仕上げつつも、濃いインディゴブルーはキープ。カジュアルなのに品よく見える。

カバーオール¥42,900/ブラームス ルーツストック(ワンダリズム) ヴィンテージの時計¥305,800/江口時計店 タンブラー¥2,300/サーモマグ(カメイ・プロアクト) バックパック¥20,900/アウトドアプロダクツ(レショップ 青山店) パンツ/スタイリスト私物


シアサッカージャケットには、
ブラックだったのか

ディーゼルのブラックウォッシュドデニム

ディーゼルのブラックウォッシュドデニム

春に映える白を基調としたシアサッカージャケット。ブルージーンズだと少々爽やかにすぎる。程よくブリーチされたブラックデニムはワイドストレートシルエットで足さばきもよく、スタイリングにも馴染む。

ジーンズ¥46,200/ディーゼル(ディーゼル ジャパン) ジャケット¥46,200/アダルト オリエンテッド ローブス(イルイマジン ランドスケープ) スウェットパーカ¥20,900/モクティー(ユナイト ナイン) スニーカー¥11,000/プーマ(シップス 渋谷店)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Keita Goto[W] 
Hair:Hori[bNm] 
Stylist:Takeshi Toyoshima 
Models:Nozomu Miura Timote(Dog) 
Backdrops:BACK GROUND FACTORY