前編のつづき)


Y神:フューチャー ライフウェア エッセンシャルズ。これがルメールさんのテーマか。


2022年の春夏シーズンが本格的に幕開けする1月。WEB UOMO取材陣のY神とH條が、大人が押さえておくべき「UNIQLO(ユニクロ)」展示会から、注目の春夏アイテムをピックアップしてお届け。


全国に並ぶレギュラー商品を紹介した前編に続き、後編では昨年度も大人気を誇った「コラボ特別コレクション」から2ラインを速報する。






Uniqlo U 2022年春夏



まずは、パリのデザインチームを率いるクリストフ・ルメールが手掛ける「Uniqlo U(ユニクロユー)」から。上質かつ洗練されたミニマルデザインのワードローブは、WEB UOMOでも抜群の支持を得ている。


Y神:そうだ、H條さん。一応、今春夏の「ユニクロ ユー」はコラボの中では最も早い発売ですが、現時点では発売日は未発表。価格も未定とのこと。


H條:了解です。アイテム名もY神とH條の予想です。速報のため悪しからずご了承ください。


Y神:ご了承ください。





①(仮)ジップアップブルゾン ¥価格未定



H條が手持ちしたライトウェイトのブルゾンが、マネキンが着用している2022年春夏「ユニクロ ユー」の最新打ち出しアイテム。スタンドカラーのボックスシルエットでベンチレーションが付く。


H條:ウィンドブレーカーっぽい主軸アイテムからわりと難易度高めですね。このフレンチシックを上手に取り入れたい。バランスを見て着こなさないと、有馬記念で見かけたオジサンになっちゃう。


Y神:ルメールさんの本気が見て取れるライトアウターだね。ベンチレーションがいい意味でヤバい。これがコラボじゃなくて通常のレギュラーラインであれば、ベンチレーションは付かないと思うの。





②(仮)ボーダーTシャツ ¥価格未定



カットソーとデニムのラックへ。アースカラーと優し気なカラーパレットが春の訪れを感じさせる。


H條:春の訪れよりも先に感じた全体観は、どこか懐かしい「90年代テイスト」。私見ですが、レギュラー商品群と共通する空気感かと。


Y神:あり寄りのあり。前編で紹介したレギュラー商品とのコーディネートが相性よさげ。



「ユニクロ ユー」2022年春夏のテーマは「Future LifeWear Essentials」。ジャケットよりもミドル丈のブルゾン、デニムはリジッドよりもストーンウォッシュ。使い勝手のよい大人カジュアルが並ぶ。


H條:テーマを意訳すると、「革新的な素材使いで快適な生活を目指すミニマルワードローブ」といったところでしょうか。少々の回顧主義もブレンド。


Y神:いかにも。ミニマルはミニマルだけど、着こなし力が要求される大人向け商品だらけ。薄紫のボーダーTシャツも危ういバランスの攻めたデザインだし、いざ探そうにも見つからないアイテムだよね。ボク的にはビッグサイズをユーズドデニムにパンツインしたい。





③ベルト付きショーツ ¥価格未定



Y神が太鼓判を押したアイテムがこちら。コットン素材のショーツはアジャスターベルト付き。左脚サイドのポケットなど機能性も申し分ない。


Y神:ベルトも同色で揃えてあり、ルメールさんの美的感覚に感心しきり。これぞ、ワンランク上の「ユニクロ ユー」の醍醐味。色違いで全色揃えるつもり。


H條:テラコッタっぽいブラウンは2020年秋冬から「ユニクロ ユー」のアイコンカラーになってます。このショーツにベンチレーション付きウィンドブレーカーは大ケガしそうですが、上下で合わせてみたいです。


Y神:そうだ。レギュラー商品のラックにも、このショーツが混ざって置いてあったよね?


H條:なんと。



Y神の予想は的中。マドラスチェックのプルオーバー半袖シャツとブラウンの色違いになるカーキ色ショーツ。この2つがディスプレイされていた。


H條:レギュラー商品と「ユー」はコーナーも分かれているのによく気づきましたね。


Y神:触ったらだいたいわかるようになっちゃった。あと、「ユー」には取材申請もしてたよね?


H條:はい。追加でモデル撮影予定です。1月下旬にいつもの感じでアップしたいと思います。



Y神:では、早めに「JW」に行きましょう。


「ユニクロ ユー」を後にし、同じく人気の特別コレクション「UNIQLO and JW ANDERSON(ユニクロ アンド JW アンダーソン)」の取材へと向かう。


このときはまだ、吹き荒れる潮風の衝撃を予想だにしていなかったY神であった…。






UNIQLO and JW ANDERSON 2022年春夏



Y神:キタコレ。


H條:Y神パイセンの大好物かと。


Y神:ジョナサン・アンダーソンさんお得意の、ブリティッシュテイストな「マリン」だね。これは確定のシーズンテーマと考えてよいでしょう。






④(仮)スウェットシャツ ¥価格未定



H條が激写したスウェットシャツはヨット柄。霜降りグレーの裏編みスウェット地のフロントに、シアサッカー素材のパッチワークで組み立てられていた。


H條:そして、マリンルックと言えば象徴カラーのネイビーもあるはず。ねえ、Y神パイセン?



Y神:うむ。神速チェック済みである。


予想通り、棚物のラックはブルーやネイビーのマリンテイストに溢れていた。Tシャツ1枚になって試着する気満々のY神に、大人男子向けのマリンアイテムを厳選ピックアップしてもらおう。





⑤(仮)ボーダー柄Tシャツ ¥価格未定



Y神:マリンのトータルコーディネートで提案させていただきます。まずは、ブルーのボーダー柄Tシャツから。もはや、今すぐ買いたい。前秋冬の「ユニクロ アンド JW アンダーソン」でゲットしたベンジャミン・ラビット柄のスウェットシャツの下に今すぐ着たい。


H條:ボディと袖の配色を逆にしてボーダーの間隔も違えているんですね。定番のボーダー柄をジョナサン流にツイストした良デザインかと。


Y神:色違いでネイビー×赤もあったけど、それはH條さんが好きそう。次はボトムス、いきます。





⑥(仮)イージーカーゴパンツ ¥価格未定



マリンテイストは海軍からもインスピレーションを得ているよう。部屋着やルームウェアっぽく見えがちなイージーパンツだが、軍パンの粗野なテイストがそれを打ち消しつつ、外着に誘導している。


Y神:太めシルエットと濃いネイビーがボク好み。しかも、裾も絞ってニュアンスも付けられるという。こんな軽めのネイビーパンツを探していました。


H條:Tシャツ、パンツ、次はアウター?



Y神:ネイビーのミドル丈フーデッドブルゾンがあったよ。シンプルで誤魔化せないアイテムこそ、定評のあるデザイナーが手掛けたものを買いたい。


ちなみに、マリンはコラボデザイナーのジョナサン・アンダーソンがよく用いる常勝のインスピレーション源。「ユニクロ」とのコラボ2シーズン目となる2018年春夏も、同様のマリンテイストだった。


Y神:2022年春夏はさらに洗練されとる。フーデッドのジップアップ箇所もスタンド具合と隙間の加減が絶妙で、「JWA」のイニシャルも同色でさりげない。首回りのデザインだけで、海辺で日がな1日語れます。





⑦(仮)ジップアップブルゾン ¥価格未定



4年前と2022年春夏、双方に共通するジョナサンゆかりの地がロンドン南部にあるブライトン・ビーチだ。サブカルチャーの発信地としても知られる英国の夏の象徴に想いを馳せるY神であった。


Y神:ニューヨークのブルックリン南部にもブライトン・ビーチはありますが、どっちも好きです。


H條:物持ちがよい大人であれば、4年前のマリンアイテムと合わせても面白いですね。当時はカモメ柄のブルゾンやナップサックが印象的でした。


Y神:思えば遠くへ来たもんだ。


H條:海援隊ですね。



潮風は苦手だが海辺は好き。船酔いはするけどヨットを眺めるのは好き。海を想起させるネイビー好き。まさに、「文化系男子」にぴったりのマリンアイテムが揃う今春夏の「ユニクロ アンド JW アンダーソン」。


トータルコーディネートを想定し、Tシャツ・パンツ・アウターの締めとなるアクセサリーを物色。





⑧(仮)2WAYトートバッグ ¥価格未定



Y神:最後もネイビーの2WAYトートバッグを選んでみました。持ち手に繋がるストライプのグリーンが効いてるね。小さなヨットのワンポイントも可愛い。


H條:このトートは女性のマネキンが手持ちしていたメンズ・ウィメンズ共通アイテムだと推測します。赤いブルゾンにも胸にヨットのワンポイントがありますし、メンズのフーデッドブルゾンと似たデザインです。パートナーとのリンクコーディネートも楽しめそう。


Y神:一応、パートナーがいらっしゃらないH條さんのお勧めも聴いておこうかしら。





⑨(仮)ソックス ¥価格未定



H條:実は、私がシーズン毎にダース買いしている「ユニクロ アンド JW アンダーソン」がソックスです。今秋冬も厚手を購入していますが、とにかくボーダー柄が秀逸。今春夏はパッチワークもあるとは。


Y神:杢ブルーのソックスは、それこそ90年代ヴィンテージの色落ちしたデニムに合いそう。では、潮風が苦手なH條さんが選ぶアウターは?





⑩(仮)フーデッドコート(ウィメンズ)¥価格未定



H條:ウィメンズですが、鮮やかな単色グリーンのフーデッドパーカが新鮮でした。「ユニクロ」レギュラー商品はもちろん、「ユニクロ ユー」でも、今春夏はグリーンが色展開に必ず加わっているようです。


Y神:うむ。とことん好みが被らない。


H條:この調子で2022年もバランスよく棲み分けて行けたらと思います。


Y神:ありがとうございました。



ラストカットは展示会場の入り口で。2022年春夏「ユニクロ」全体のシーズンテーマ「The Joys of Clothing」を、改めて心に刻む2人であった。


H條:Y神の仁王立ち。あれはヤル気や。覚悟を決めたときのパイセンは一味違うんや…。


次回のリアル試着ルポはおそらく「ユニクロ ユー」から。2022年も乞うご期待!




<問い合わせ>
UNIQLO

Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh