横に長い「リーバイス®」!


毎回スマッシュヒットを飛ばす「Levi’s®(リーバイス®)」と「BEAMS(ビームス)」の鉄板コラボ、その第3弾「SUPER WIDE COLLECTION」が年明けの1月2日(日)から順次発売される。


なんといっても、デザインが秀逸。2022年もトレンド継続予想のビッグシルエットに着想し、それを発展させて極端に横に引き伸ばした「ビームス」オリジナルのスーパーワイドシルエットになっているのだ。



Levi’s® x BEAMS SUPER WIDE JEAN
Color:Used, Indigo
Size:29~34, 36inch
Price:¥29,700(Used), ¥27,500(Indigo)



本コラボのラインナップは、トラッカージャケット、5ポケットジーンズ、Tシャツの3型。単なるサイズアップと趣が異なる独特のワイドフォルムは、手持ちのワードローブとのコーディネートが楽しみになるはず。


ここで発売日だが、主要店舗ほかで順次発売となるため日付と販売店舗は事前チェック必須。



Levi’s® x BEAMS SUPER WIDE TRUCKER
Color:Used, Indigo
Size:S, M, L, XL
Price:¥34,100(Used), ¥31,900(Indigo)



最速ゲットは年明け早々の1月2日(日)。「ビームス ジャパン(新宿三丁目)」「ビームス ジャパン 渋谷」「ビームス ジャパン 京都」での初売りだ。


続いて1月6日(木)には「リーバイス®」管轄での取り扱いがスタート。「リーバイス® 原宿フラッグシップストア」「リーバイス®ストア 大阪」「リーバイス公式オンラインストア」で発売される。



Levi’s® x BEAMS SUPER WIDE T-shirt
Color:White
Size:S, M, L, XL
Price:¥5,280



最後に1月8日(土)からは、全国のビームス取り扱い店舗とオンラインショップでの購入も可能に。


色やサイズが欠品していても、双方の実店舗とオンラインで購入チャンスは複数回ある。2色展開のカラバリも含めて慎重に吟味しよう。



スーパーワイドなディテールにフォーカス。


トラッカージャケットはファーストモデル、5ポケットジーンズは1950年代の「501® XX」をデザインベースに採用。オリジナルをリスペクトしつつ、「ビームス」流の遊び心とコンセプトに則って、パッチ・ポケット・シンチバックまで横長にアレンジされている。


なお、「リーバイス®」では2018年秋冬シーズンの生産から、すべての赤タブ(ピスネーム)の表記を「Levi’s®」から「LEVI’S®」へと変更している。



※参考:(左)THE INSIDE OUT COLLECTION(2019年5月) (右)HALF & HALF COLLECTION(2020年5月)



ちなみに、過去2回のコラボデザインがこちら。2019年5月に発売された記念すべき初コラボは、定番デニムアイテムを裏返してセルビッジ(赤耳)を表で主張させた「THE INSIDE OUT COLLECTION」。


翌年5月に発売された第2弾は、ファーストとサードモデルのトラッカージャケットを左右で半分ずつドッキングさせた左右非対称の「HALF & HALF COLLECTION」。過去2作とも記憶に残る名コラボだ。



もちろん、今回の第3弾「SUPER WIDE COLLECTION」も早期完売予想。正月ムードの勢いで、景気よくセットアップで大人買いしたいところだ。


2022年の買い物初めは「ビームス」と「リーバイス®」のコラボデニム狙いで決まり!




Levi’s® x BEAMS 第3弾:SUPER WIDE COLLECTION
問い合わせ先:リーバイ・ストラウス ジャパン TEL:0120-099-501
ビームス ジャパン TEL:03-5368-7300

発売日・販売店舗:
1月2日(日):ビームス ジャパン(新宿三丁目)、ビームス ジャパン 渋谷、ビームス ジャパン 京都
1月6日(木):リーバイス® 原宿フラッグシップストア、リーバイス®ストア 大阪、levi.jp
1月8日(土):ビームス公式オンラインショップ、全国のビームス取り扱い店舗

Text: Takafumi Hojoh