大人ネイビー男子、感涙!


1877年に創業したノルウェー発祥のアウトドアブランド「HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)」のアイコン的素材であり、フリースの元祖として名高い防寒素材が「FIBERPILER(ファイバーパイル)」だ。



このファイバーパイルの製品化60周年を記念して、ファッションディレクターの長谷川昭雄が監修したジャケットとパンツを別売りセットアップでリリース。


12月10日(金)からヘリ―ハンセン原宿店とゴールドウイン公式オンラインストアで発売される。



いわずと知れた「ヘリーハンセン」はノルウェー商船隊の船長だったヘリー・J・ハンセン(Helly Juell Hansen)が1877年に創業した、オイルスキン製造工場が起源のマリン&アウトドアブランド。


躍進の契機となったファイバーパイルの開発は1961年。北欧スカンジナビア半島で働く漁師たちを極寒から守るため、独自の防水テクノロジーを応用して生み出された独自ファブリックだ。



HELLY HANSEN×Akio Hasegawa FIBERPILER Jacket
カラー:ネイビー
サイズ:L, XL, 2XL, 3XL
価格:¥37,400



特筆すべきデザイン性は、ファイバーパイル誕生当時の「肌側フリース」のリバイバル復刻であること。購入経験者はイメージできそうだが、現在流通しているファイバーパイルアイテムと裏表が逆になる。


裏起毛スウェットの裏返しと考えるとわかりやすい。本コラボで表面になっているファイバーパイル生地は、本来ならば裏地として使用しているもの。裏返すと現在の風合いで着用できる、この発想が面白い。



加えて、SとMは生産されず、Lから3XLまでのサイズ展開もユニーク極まる。ビッグサイズ限定のコンセプチュアルな着こなしも今の気分だろう。


セットアップになるパンツは、サイズ次第で重ね着するオーバーパンツとしても重宝しそうだ。



HELLY HANSEN×Akio Hasegawa FIBERPILER Pants
カラー:ネイビー
サイズ:L, XL, 2XL, 3XL
価格:¥33,000



カラーは「ヘリ―ハンセン」の ベーシックカラーであるネイビーのみ。ポケット・膝・ヒップの切り替えにはブラックを取り入れている。汎用性の高いカラーリングで単品での着回しも申し分ないが、サイズを合わせたセットアップでの購入がベストだろう。



そして背面には「A.H(Akio Hasegawa)」ロゴのワッペン付き。「HH(HELLY HANSEN)」とのコラボネームの順番で、表面と裏面がセンスよく表されている。


上下で7万円台。タウンユースはもちろん、冬のアウトドアやキャンプ、早朝の愛犬の散歩着まで大活躍すること間違いなし。長谷川昭雄・監修のヴィジュアルのように着こなしたい。



おそらく、「文化系アウトドア男子」にフィットする2021年の最終コラボ。即日完売必至だ。


12月10日(金)の発売日は、実店舗とオンラインをチェックして確実にゲットしておきたい。




HELLY HANSEN × Akio Hasegawa FIBERPILER Jacket
発売日:2021年12月10日(金)
販売店舗:ヘリ―ハンセン原宿店、GOLDWIN WEBストア
HELLY HANSEN

Text: Takafumi Hojoh